ボツワナのゾウ大量死、死因は自然発生の毒か 当局

ボツワナのゾウ大量死、死因は自然発生の毒か 当局

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/08/01

ボツワナのオカバンゴ湿地帯で発見されたゾウの死骸。ナショナル・パーク・レスキュー提供(2020年7月3日提供)。

【AFP=時事】アフリカ南部ボツワナにある有名なオカバンゴ湿地帯で、原因不明のゾウの大量死が起きていることについて、同国の野生動物当局は7月31日、自然界で発生した毒が死因の可能性があるとの見方を示した。 世界最大の推定13万頭前後のゾウが生息しているボツワナでは、今年3月以降、30

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加