阪神・高橋 巨人打線に4連打許し5失点KO「粘ることができず...」

阪神・高橋 巨人打線に4連打許し5失点KO「粘ることができず...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/16

◇セ・リーグ 阪神3―6巨人(2020年9月15日 東京D)

No image

<巨・神>6回無死、丸の右前打で満塁となり、高橋(29番)らの交代を告げた矢野監督(ベンチ右から2人目)(撮影・坂田 高浩)

阪神の先発・高橋は、5回0/3を9安打5失点で無念の降板となった。打線の援護を受けながら4回までに2度追いつかれ、三たび勝ち越して迎えた6回に岡本の同点の中前適時打など4連打を浴びたところでKO。「粘ることができず逆転されてしまい、チームに申し訳ないです」と肩を落とした。

巨人・菅野と今季2度目の投げ合いも前回に続き敗戦。4失点以上を喫したのは今季初めてで、若き左腕にとって試練のマウンドになった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加