“新世紀世代”2人が予選落ち 西郷真央「課題が多すぎて...」山下美夢有「セカンド距離感が...」

“新世紀世代”2人が予選落ち 西郷真央「課題が多すぎて...」山下美夢有「セカンド距離感が...」

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/05/14
No image

1番、ティーショットを放つ西郷(撮影・屋方直哉)

<国内女子ゴルフツアー:ほけんの窓口レディース>◇第2日◇14日◇福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)◇賞金総額1億2000万円(優勝2160万円)

注目の新世紀世代2人が予選落ちした。

今季8戦4勝だった西郷真央(20=島津製作所)は出だしで第2打をOBするなど2ダブルボギーで76。予選通過に5打及ばず79位。「全体的に良くなかったです。課題が多すぎて、具体的に挙げられません」。

前週が国内メジャー初優勝だった山下美夢有(20=加賀電子)は74で、22位から54位に後退し1打及ばず。「バーディーがそれほど取れなかったので…。セカンドショットの距離感が合ってなかったです」とこぼした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加