【難読】“やくむ”じゃない! 「役務」の正しい読み方

【難読】“やくむ”じゃない! 「役務」の正しい読み方

  • マイナビウーマン
  • 更新日:2021/05/03

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「役務」の読み方です。

そのまま“やくむ”と読むのかな? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

No image

■「役務」の読み方は?

「役務」と見ると、そのまま“やくむ”と読むのかな、と思う人がきっと多いですよね。

しかし、「役務」は“やくむ”とは読まないんです。

気になる読み方の正解ですが……。これは、実は“えきむ”と読みます。

No image

■「役務」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「役務」の意味は以下のように解説されています。

えき‐む【役務】公的な仕事。また、他の人のために行う労働。

つまり、労働などによる務め、という意味合いですね。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、ビジネス用語などでときどき使われるようです。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「役務」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。普段、使う機会は少ない言葉ですが、いざというときに間違えて読んでしまった、なんてことは避けたいですよね。

あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、この機会にしっかり覚えておきましょう!

(ななしまもえ)

マイナビウーマン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加