ルノーのWRCマシン『5ターボ』、EVで甦る...380馬力ツインモーター搭載

ルノーのWRCマシン『5ターボ』、EVで甦る...380馬力ツインモーター搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2022/09/26
No image

ルノー R5 ターボ 3E

もっと画像を見る

ルノーは9月22日、ルノー『5』(Renault 5)の50周年を祝う新たなコンセプトEV『R5 ターボ 3E』を欧州発表した。実車は9月25日、「Chantilly Arts & Elegance 2022」で初公開される予定だ。

後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは

このコンセプトEVは、当時のルノー5の最も伝説的な高性能モデル『5ターボ』(サンクターボ)へのオマージュだ。5ターボはルノー5をベースに、エンジンをミッドシップマウントに変更。WRC(世界ラリー選手権)のグループ4 参戦のホモロゲーションモデルとして開発されたモンスターマシンだった。

R5 ターボ 3Eには、最大出力380hp、最大トルク71.4kgmを発生するツインモーターをリアに搭載し、後輪を駆動する。0~100km/h加速3.5秒、最高速200km/hの性能を可能にした。バッテリーは蓄電容量42kWhのリチウムイオン。ドリフトモードも採用している。

シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身...フルゴネット欧州発表

最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か

トヨタ ハリアーPHEV を新設定...システム最高出力306ps、EV走行距離93km

森脇稔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加