三菱 アウトランダー 新型、女性だけで競う米ラリーに参戦中

三菱 アウトランダー 新型、女性だけで競う米ラリーに参戦中

  • レスポンス
  • 更新日:2021/10/14
No image

三菱 アウトランダー 新型の米「Rebelle Rally」参戦車両

もっと画像を見る
三菱自動車の米国部門は10月7~16日、米国で開催中の女性だけで競うラリーレイドの「Rebelle Rally」に、新型『アウトランダー』で参戦している。参戦車両の写真と改造点が公表された。

◆3年連続でRebelle Rallyに参戦

同ラリーは、米国ネバダ州、アリゾナ州、カリフォルニア州の砂漠地帯を舞台に、今年は8日間で2500km以上を走破するラリーレイドだ。2016年に開始された同ラリーには、「4×4」とクロスオーバー車の「X-Cross」の2つのクラスがある。2020年からは電動車も出走可能となり、EVやハイブリッド車、PHVが参加できる。

同ラリーでは、電子機器の使用を禁止している。スマートフォンやタブレット端末、パソコン、GPSは使えない。参加者は地図と方位計を頼りに、コースに設けられた複数のチェックポイントを通過することが求められる。

三菱自動車の米国部門は、米国でのブランドの40周年を祝う目的で、3年連続でRebelle Rallyに参戦している。

◆アルミ製スキッドプレートを装着し最低地上高を引き上げ

三菱自動車の米国部門は、Rebelle Rally参戦にあたって、新型アウトランダーに若干の変更を施した。タイヤはBFGoodrichのオールテレーン「T / AKO2」で、サイズは265/6018。ビジョンホイールのマットグレー塗装の「モナコ」を組み合わせた。

前後サスペンションには、カスタムリフトキットを取り付けて、およそ25mm最低地上高を引き上げた。エンジンや駆動コンポーネント、冷却システムなどを保護するためにアルミ製スキッドプレートを装着する。三菱純正アクセサリーのルーフラックとバスケットが追加された。

室内には、12ボルト駆動の冷凍冷蔵庫、クイックリリース機能付きの消火器、ラリーコンピューター、スピードセンサーを装備する。荷室には、スペアタイヤや工具、ラリー用パーソナルギアなどを固定するためのフックも追加されている。

また、車体には、特別なラッピングが施された。2001年のダカールラリーを、女性として初めて制したユタ・クラインシュミット選手が駆った『パジェロ』をモチーフとし、20年前の歴史的なダカールラリーの勝利に敬意を表すのが目的だ。ユタ・クラインシュミット選手は、ダカールラリーで勝利した唯一の女性でもある。

◆2.5リットルエンジンや三菱独自の「S-AWC」は市販車と同じ

これ以外は、Rebelle Rally参戦車両は、新型アウトランダーの市販モデルと変わらない。ルノー日産三菱アライアンスが新開発したプラットフォームに、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力181hp/6000rpm、最大トルク25kgm/3600rpm)を組み合わせる。最大出力は従来型に対して8.9%引き上げながら、燃費は2.6%改善しているという。トランスミッションは8速スポーツモード付きのCVTだ。

ラリーから派生した三菱独自の「S-AWC」(スーパー・オール・ホイール・コントロール)システムも採用している。新開発の「ドライブモードセレクター」により、6種類のモードが切り替えられ、パフォーマンスとグリップを走行条件に合わせて調整し、オンロードとオフロードのパフォーマンスを追求している。

なお、三菱自動車の米国部門は、S-AWCシステムやその他の革新的な技術を搭載する新型アウトランダーは、伝説的なレーシングパジェロをルーツに持つ、としている。

森脇稔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加