「朝ポキ」が初めてのリアルイベント開催 リスナーら100人が参加

「朝ポキ」が初めてのリアルイベント開催 リスナーら100人が参加

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/09/23
No image

"「PODCST MEETING 2022」で行われた、ポッドキャストを配信している新聞7社によるトークセッション=2022年9月23日午前10時41分、朝日新聞東京本社、飯沼優仁撮影"

朝日新聞ポッドキャスト(朝ポキ)の初めてのリアルイベントが23日、東京本社読者ホールで開かれた。

山盛りメルマガ、創刊しました 朝日新聞ポッドキャスト

朝ポキは、音声によるニュース解説番組。さまざまな話題について、取材した記者本人が話す。リスナーは月30万人を超えた。新聞社やジャーナリズムの現状への危機感を背景に、ポッドキャストにはいま多くの新聞社が参入している。

イベントには、人気ポッドキャスト番組「ゲイと女の5点ラジオ」「佐々木亮の宇宙ばなし」「いんよう!」「ポッドキャストが出来るまで」の出演者や、新聞6社の番組制作者、リスナーら約100人が参加。

書き言葉ではなく、話し言葉でニュースを伝えることで生まれた変化などを話し合ったり、制作側とリスナーが「発信元」「受け手」というふだんの立場を超えてポッドキャストの魅力を楽しさを語り合ったりした。

イベントを主催した朝ポキのチーフパーソナリティー・神田大介記者(47)は「話し言葉で伝えることが、ジャーナリズムにとって大事なチャレンジ」と話した。

朝ポキのこれまでの配信番組は、朝日新聞デジタルの特設ページ(https://www.asahi.com/special/podcasts/)からも無料で聴ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加