すし職人が「子ども食堂」で握りたて振る舞う 秋田市

すし職人が「子ども食堂」で握りたて振る舞う 秋田市

  • 秋田テレビ ニュース
  • 更新日:2022/11/25

回転ずしのすし職人が25日、秋田市の「子ども食堂」を訪れ、利用している子どもたちに握りたてのすしを振る舞った。

「いただきます!」

子ども食堂「みらい工房」を訪れたのは、秋田市と岩手県盛岡市で回転ずし「すし江戸」を展開するブレーンリンク・ダイニングが派遣したすし職人3人。

25日は、小学3年生から中学3年生までの子どもたち11人が集まり、職人がその場で江戸前ずしを握ると、好みのネタを選んでいた。

女の子:
「甘エビがとってもいいです」

男の子:
「とびっこってやつ食べてます。おいしかったです」

中には、何度も往復してお盆いっぱいにすしを乗せる子どももいて、江戸前ずしの味を堪能していた。

ブレーンリンク・ダイニングのすし職人の派遣はこれが3回目で、機会をうかがって、また訪問したいとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加