海原はるか 「松竹で良かったこと」にまさかの何も答えられず 松竹・師匠フェス開催

海原はるか 「松竹で良かったこと」にまさかの何も答えられず 松竹・師匠フェス開催

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/24
No image

「SHISHOU FES」記者会見に出席した海原はるか(左)と横山ひろし=大阪市内

漫才コンビ「海原はるか・かなた」の海原はるか(74)が23日、大阪市内で行われた「SHISHOU FES(師匠フェス)」(8月6日、DAIHATSU 心斎橋角座)の記者会見に横山ひろし(75)、チキチキジョニーとともに出席した。

同イベントは「合計年齢約900歳」を売りに、松竹芸能を代表する8組(13人)の「師匠」が集まる1日限りのお笑いフェス。はるかは「元気な漫才を目指して、チャレンジできれば」と意気込みを語り、「体を張るコーナーがあれば、うれしい」と貪欲な姿勢を見せた。

また、アシスタントとしてフェスに参加するチキチキジョニーの石原祐美子(46)は「(吉本興業の寄席と比べて)ゆったりとした時間が流れるのがいい」と松竹の魅力をPR。その流れから、松竹芸能で良かったことを聞かれたはるかだが、数秒間何も答えられず、会場の笑いを誘った。まさかの展開も、最後は「松竹に入れてもらったから、皆さんの助けもありつつ、仕事が増えた」ときっちり感謝していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加