<新型コロナ>市長が感染、21日まで自宅療養 来庁者や職員らに濃厚接触者なし、職務代理者は置かず

<新型コロナ>市長が感染、21日まで自宅療養 来庁者や職員らに濃厚接触者なし、職務代理者は置かず

  • 埼玉新聞
  • 更新日:2022/05/14
No image

本庄市長、新型コロナに感染 21日まで自宅で療養

埼玉県の本庄市は13日、吉田信解市長が新型コロナウイルスに感染したと、発表した。

同市によると、吉田市長は11日、市外の医療機関で人間ドックを受診、帰宅後、頭痛や倦怠(けんたい)感の体調不良になり、12日は公務を休んでいた。

吉田市長は11日以降、登庁をしておらず、来庁者や職員に濃厚接触者はいないという。21日まで自宅で療養する予定。今後の公務については、スマートフォンなどで職員と連絡が取れ、テレワークで決済もできるため職務代理者は置かない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加