Devil ANTHEM.毎年恒例の春ツアー、O-EASTでファンと共有した熱い時間

Devil ANTHEM.毎年恒例の春ツアー、O-EASTでファンと共有した熱い時間

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2022/05/14

Devil ANTHEM.のライブツアー「Devil ANTHEM. SPRING TOUR 2022」の東京・Spotify O-EAST公演が昨日5月13日に開催された。

No image

「Devil ANTHEM. SPRING TOUR 2022」Spotify O-EAST公演で観客と記念撮影するDevil ANTHEM.。(撮影:笹森健一)

すべての画像を見る(全40件)

毎年恒例となっているデビアンの春ツアー。今年はこれまでで最多の会場数で開催されたほか、各公演のキャパシティも昨年よりワンランクアップし、現在のデビアンの勢いを証明するツアーとなった。3月に東京・Spotify O-WESTで初日を迎えた彼女たちは、7公演目で再び同じ渋谷の地へ。大勢のファンが集まった会場を熱く盛り上げた。

No image

ステージの両端には今年1月に閉館した東京・USEN STUDIO COASTに設置されていた真紅のフルレンジアンプスピーカー、通称“オクタゴンスピーカー”が1機ずつ鎮座。オーディエンスの期待が高まる中、開演時刻になると場内をレーザー照明が交差し、SEの重低音がフロアを包み込んだ。満を持してステージに姿を現したデビアンは、4月末に膝の靭帯を損傷した藤澤ひよりを除く5人でパフォーマンスを開始。序盤のブロックでは「Replay」「SS」「えっとねれみしー」の3曲を披露し、ステージ後方のスクリーンに展開される映像演出をバックに開演早々から会場を心地よい高揚感で満たしていった。MCになると藤澤も登場し、ステージに運び込まれた椅子に腰かける。デビアンに加入して1周年を迎えたばかりの彼女は「ライブすべてに出られるわけではないんですけど、東京1公演目を超えていけるようなライブが届けられるようにがんばります!」と意気込みを語った。

No image

観客への挨拶を終えたデビアンは「今までで一番の『OMONPAKARU』にしましょう!」という掛け声とともに、春ツアーで披露するのが恒例となっている「OMONPAKARU」でパフォーマンスを再開。さらにポップチューン「ミッドナイトドライブ」、ライブの盛り上がり曲である「Dark"s" side」や「Fake Factor」を息つく暇もなく畳みかけ、「STARLIGHT CIRCUS」の終盤に一旦ステージから退場した。そして5月4日に行われた宮城・Rensa公演のオフショット映像の上映中、5人は今回のツアーのために制作されたビビッドな黄緑の衣装に着替え、初期のナンバー「あなたにANTHEM」で勢いよくライブの後半戦をスタートさせる。最新シングル「Reflect Winter」を含む新旧の楽曲を織り交ぜたセットリストにより場内の盛り上がりがますます加速した。

終盤でも「ココロカラ」「minnadeiko」などのライブの人気曲がノンストップで続き、「EMOTIONAL」の曲中には水野瞳が「ここにいるみんな形は違ってもデビアンが好きという気持ちは同じだと思います。私たちもみんなにぶつけるので、みんなも私たちにぶつけてください!」と曲のタイトル通りエモーショナルな言葉を叫んで観客の気持ちを高ぶらせる。続いて5人は「Fever」「①②③④⑤⑥」というライブの人気曲2曲を連発し、本編のクライマックスを駆け抜けた。

No image

アンコール前には翌5月14日に梅田CLUB QUATTROで行われる大阪での追加公演のほかに、東京でも追加公演が開催されること、7月26日にニューシングル(タイトル未定)がリリースされることが明らかに。場内が拍手で包まれたあと、デビアンは藤澤を含む6人全員でアンコールのパフォーマンスを届けた。新曲「ソノサキ」も披露され、ステージ上で握手をするキャッチーな振り付けや、歌のみでの参加となったものの、ほかのメンバーと一緒に笑顔を弾けさせる藤澤の姿によって会場が晴れやかでポジティブな空気でいっぱいに。ラストナンバーの「ライン」ではメンバーの動きに合わせ、観客も肩を組んでフロアに一体感を作り出した。計25曲とボリュームたっぷりのライブだったが、アンコールが終わっても拍手は鳴り止まず、最後にメンバーは再びファンの前に登場。マイクなしの地声で「ありがとうございました!」とあふれんばかりの感謝の気持ちを伝えた。

Devil ANTHEM.「Devil ANTHEM. SPRING TOUR 2022」2022年5月13日 Spotify O-EAST セットリスト

01. Replay
02. SS
03. えっとねれみしー
04. OMONPAKARU
05. ミッドナイトドライブ
06. Dark"s" side
07. ユカイダンサー
08. Fake Factor
09. STARLIGHT CIRCUS
10. あなたにANTHEM
11. VS
12. LINK
13. ストレライド
14. シアワセクラップ
15. Reflect Winter
16. ココロカラ
17. minnadeiko
18. 絆という羽
19. EMOTIONAL
20. Fever
21. ①②③④⑤⑥
<アンコール>
22. Archangel
23. by your side
24. ソノサキ
25. ライン

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加