ドラフト注目の上武大・ブライト健太が躍動 大会2本目本塁打「一戦必勝で」

ドラフト注目の上武大・ブライト健太が躍動 大会2本目本塁打「一戦必勝で」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

4回上武大2死、ソロを放ち、ベンチを指さしながら二塁を周る上武大・ブライト=神宮球場(撮影・高石航平)

「全日本大学野球選手権・準々決勝、上武大11-3東農大北海道オホーツク」(10日、神宮球場)

上武大が東農大北海道オホーツクを下し、4年ぶりの4強進出を決めた。

2点を追う初回無死一塁、今秋ドラフト候補・ブライト健太外野手(4年・葛飾野)が左翼線適時二塁打を放つなど3点を奪い、すぐさま逆転に成功する。

3点リードの四回には、145キロ直球を完璧に捉える今大会2本目の左翼ソロ本塁打でさらにリードを広げた。「流れが止まった中でホームランを狙っていた。当たった瞬間行くかなと思った」と、確信の一発の余韻をかみしめた。

視察したDeNA・河原スカウティングディレクターは「(ホームランの打球は)すごい当たり。(この大会で)一気に注目度が上がったんじゃないか。秋も楽しみ」と評価した。

「『打てるぞ大丈夫』などメンバーを外れた人の声かけのおかげで勝てている」とチーム全体での勝利を強調したブライト。「一戦必勝で勝っていきたい」と8年ぶりの頂点を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加