「メモ」を21世紀版にバージョンアップ。パナソニックがネットで送受信する手書きデバイス「CROQY」を発表 #CES2021

「メモ」を21世紀版にバージョンアップ。パナソニックがネットで送受信する手書きデバイス「CROQY」を発表 #CES2021

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2021/01/13
No image

Image:Panasonic

書いて送るだけ。口で言えないメッセージが伝えられます。

古代にパピルスが作られてから、歴史と共に歩んできた紙。今では紙でできるいろいろな作業がデジタル化していますが、パナソニックは「メモ書き」をデジタル化し、インターネット経由で送受信できる「CROQY(クロッキー)」というガジェットを作りました。

画面は電子ペーパーなので、白黒でカンタンな文字やイラストを描く程度の描写力です。しかし、思い付いたことを手早く記録できるのが手書きメモのよいところですよね。スタイラスペンでサラサラっと書けば、自動的にネットワーク内で他のメッセージと同期され、スマホや他の場所にある機器で見られるようになります。

それにスマホから手書きメッセージで返信することもでき、画面は電子ペーパーなので表示をし続け、家族に宛てたメッセージを机の上に置きっぱなしにすることも可能です。

オンライン発表会での様子もどうぞ。13:28辺りからご覧ください。

離れていても3世代でコミュニケーション

「CROQY」は別の「CROQY」同士とのやり取りや、専用アプリを入れたスマホとで送受信することができます。これなら字を覚えたての子供や、スマホなど電子機器が苦手なお年寄りとで楽しくコミュニケーションが取れそうですね。高齢の親と自分の子供が、これでメッセージを伝え合える姿に、ちょっとほっこりしそうです。

No image

Image:Panasonic

本体サイズは、幅が約130mmで長さが80mm、そして奥行きが13.5mmで重さが約160gと、老若男女が使えるお手軽さです。またフル充電から最大1カ月間、電源を切らずに使える長寿命というのもスゴいですね。

メーカー希望小売価格は1万9999円で、2021年の第1四半期に登場予定です。アプリやクウラドの基本利用料金は無料ですが、もしかするとプレミアムの有料サービスが出てくるかも? とのことです。

多くの方々も、我が家のように冷蔵庫などに簡易的なホワイトボードを設置しているかと思います。やることリストや買い物リスト、もしくは家族間の連絡に使われますが、たまには消したらもったいないなぁ…という書き込みも出てきますよね。そんな記録なども、クラウドで記憶に留めるのがこの「CROQY」なのかなと思います。

Source: YouTube (1,2) viaPanasonic

岡本玄介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加