「気候危機は目の前」 世界一斉アクション、渋谷で400人デモ

「気候危機は目の前」 世界一斉アクション、渋谷で400人デモ

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/09/24
No image

「世界気候アクション0923」に合わせてデモ行進し、気候変動対策強化を訴える参加者たち=東京都渋谷区で2022年9月23日、丸山博撮影

地球温暖化対策強化を求める若者らの一斉行動「世界気候アクション0923」が23日実施され、東京・渋谷では大学生ら約400人が「進み続ける気候危機を止めるのは今しかない」などと声を上げた。

【学童野球は午後6時プレーボール そのとき気温は…】

アクションは、米ニューヨークで開催中の国連総会に合わせて世界各地で計画。日本では東京や北海道、宮城、愛知など30カ所以上で街頭行動や講演会、勉強会などが行われた。

渋谷では、参加者が「気候危機は皆の問題」などと書かれたプラカードを手に約3キロをデモ行進した。参加した高校2年の二本木葦智(よしとも)さん(17)は「気候危機は気づかないうちに進行する。動くなら今しかない」と話した。大学2年の後藤れんさん(20)は「気候危機はいま目の前にある。行政や市民が一緒になって取り組むべき問題だ」と訴えた。

気候変動に関するデモは、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんの運動をきっかけに世界中に広がっている。【鳥井真平】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加