『BLUE/ブルー』レビュー:3人の男とひとりの女が織り成す青春ボクシング群像映画、文字通りの傑作!

『BLUE/ブルー』レビュー:3人の男とひとりの女が織り成す青春ボクシング群像映画、文字通りの傑作!

  • cinemas PLUS
  • 更新日:2021/04/06
No image

■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

『ヒメアノール』(16)『犬猿』(18)などで知られる吉田恵輔監督による青春ボクシング群像映画の、まさに宣伝などのキャッチコピーさながらの、偽りのない傑作。

何せ中学生の頃からボクシングを習ってきたというキャリア30年の吉田監督が、オリジナル脚本に加えてボクシング殺陣指導まで自身で務めているだけあって、試合シーンのみならず練習風景などのさりげないリアリティは、そんじょそこらのものとはレベルが違います。

もっとも本作はボクシングに魅せられた男3人の心情こそを露にしていくものであり、そのために必須のリアリズムが見事に画面に定着している優れものであるともいえるでしょう。

ほとんど勝利したことがないにも関わらず日々の努力を怠らず、また後輩の育成にも秀でた瓜田(松山ケンイチ)の達観した佇まい、その妹・知佳(木村文乃)の恋人で日本チャンピオン目前の小川(東出昌大)の精悍さ、そして女にもてたいがために“ボクシング風”をめざす檜崎(柄本時生)の心境の変化に伴う顔つきの変貌など、それぞれが柄にあった好演を示してくれています。

No image
No image
No image

さらにこの手の作品としては驚くほどに、彼らを見守る千佳=女性の立場が大きく魅力的に描かれていて、それが映画そのものの流れまで上手く機能させていくあたりも絶品といえます。

“BLUE”というシンプルすぎるタイトルも、いざ見終えると「これしかないだろう!」といった青春映画ならではの青きカタルシスに包まれながら痛感させられていくこと必至。

エンドタイトルを飾る竹原ピストルの「きーぷ、うぉーきんぐ!」も、昔も今も日本映画に顕著なタイアップ風のお仕着せ主題歌とは一線を画した、実に作品世界に見合った優れモノでした。

(文:増當竜也)

--{『BLUE/ブルー』作品情報}--

『BLUE/ブルー』作品情報

ストーリー

もがき続ける挑戦者たちの静かに熱い物語。

夢に焦がれた葛藤だらけの青春の日々を描き出す。

誰よりもボクシングを愛する瓜田は、どれだけ努力しても負け続き。一方、ライバルで後輩の小川は抜群の才能とセンスで日本チャンピオン目前、瓜田の幼馴染の千佳とも結婚を控えていた。千佳は瓜田にとって初恋の人であり、この世界へ導いてくれた人。

強さも、恋も、瓜田が欲しい物は全部小川が手に入れた。それでも瓜田はひたむきに努力し夢へ挑戦し続ける。

しかし、ある出来事をきっかけに、瓜田は抱え続けてきた想いを二人の前で吐き出し、彼らの関係が変わり始めるー。

どれだけ努力しても、才能があっても報われない現実を前にもがきながらも、挑戦し続ける男たちの熱い姿と複雑に絡み合う切ない人間模様に胸をえぐられる。

予告編

基本情報

監督:𠮷田恵輔

キャスト:松山ケンイチ/木村文乃/柄本時生/東出昌大

製作国:日本

公開日:2021年4月9日

上映時間:107分

増當竜也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加