伊藤健太郎「牢屋の中で...」留置場を回顧「トイレと手洗い場だけの部屋」食べれず、眠れず

伊藤健太郎「牢屋の中で...」留置場を回顧「トイレと手洗い場だけの部屋」食べれず、眠れず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

伊藤健太郎

昨年10月28日に都内で乗用車を運転中、バイクに衝突して乗っていた2人を負傷させて立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕(同30日に釈放)され、今年3月に不起訴処分となった俳優・伊藤健太郎(23)が1日、TBS「新・情報7daysニュースキャスター」の取材に答えた。

前日4月30日に同番組の取材に応じた内容が放送された。テレビでこの問題を語るのは初めて。

事故翌日朝に原宿署から連絡があり、事務所社長とともに出頭し、1分もかからないうちに逮捕されたという。「気付いたら手錠を付けられてという感じではありました」と振り返り、「冷たかったですね、ひんやりとしてました。あとは重かったですね。夢なら早くさめてくれってずっと思ってましたね」と語った。

入った留置場を「基本的には本当に何もない。トイレと手洗い場があって、何もないコンクリートの部屋でした」と振り返った。

「プラスチックの容器に入ったお弁当があって、食べてないので、中がなんだったのかは詳しくは覚えてないんですけど」と明かし、「なんか、この後どうなっていくのかなとか、牢屋の中で、自分のこと保っていられるかなとか、いつも自分のまわりにいてくれる人達のこととか、考えてました。あんまり寝ることはできなかったですね」と回顧した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加