瀬戸大也が全体7位で決勝へ 200Mバタフライ

瀬戸大也が全体7位で決勝へ 200Mバタフライ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

男子200メートルバタフライの予選を7位で通過した瀬戸大也(代表撮影)

「競泳・東京都オープン」(21日、東京辰巳国際水泳場)

男子200メートルバタフライ予選が行われ、不倫問題で昨年末まで活動停止処分を受けていた瀬戸大也(26)=TEAM DAIYA=は2分1秒13の組3位、全体7位で午後の決勝に駒を進めた。

前半100メートルを先頭で折り返すも、150メートルのターン手前で2位に後退。タッチ差で3位となった。

瀬戸は今月初旬のジャパンオープンで5カ月ぶりに実戦復帰。今大会が騒動後の2戦目となる。20日の400メートル個人メドレーは4分20秒41の3位だった。

瀬戸は19年世界選手権の優勝で200と400メートル個人メドレーの代表に内定しており、200メートルバタフライは4月の日本選手権での代表権獲得を目指している。「バタフライはまだ代表権を勝ち取れていないので、いいタイムを出したいし、ライバルたちともいいレースをしたい」と話していた。

2週間前のジャパンオープンでは、200メートル個人メドレーとの同日出場でレース間が極めて短かった影響もあり、1分56秒32の3位。東京五輪の派遣標準記録は1分56秒25。自身の持つ日本記録は1分52秒53。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加