16人乗った米軍水陸両用車が沈む、1人死亡 8人不明

16人乗った米軍水陸両用車が沈む、1人死亡 8人不明

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/08/01
No image

米カリフォルニア州にある米海兵隊のペンドルトン基地付近で行われた日米共同軍事演習「アイアンフィスト2014」に参加した水陸両用車AAV7(2014年2月19日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】米カリフォルニア州沖で7月30日午後5時45分(日本時間31日午前9時45分)ごろ、16人が乗って訓練中だった米海兵隊の水陸両用車(AAV)から浸水したという連絡があった。近くにいた別の水陸両用車2両と救難艇が8人を救助したが、うち1人は搬送先の病院で死亡し、2人は集中治療室に入っている。

AAVは通常のダイバーでは到達できない深さの海底に沈んだとみられている。事故発生から一夜明けた今も海兵隊員7人と海軍兵1人の計8人が行方不明になっており、海と空から捜索が続けられている。

事故はサンディエゴの西約105キロの太平洋に浮かぶサンクレメンテ島付近で、ペンドルトン基地の第15海兵遠征部隊の訓練中に発生。事故を起こしたAAVはサンクレメンテ島から母艦に戻る途中で、同島の北西岸から1000メートル以上離れたところにいた。

マーク・エスパー米国防長官はツイッターに、「この悲劇的な事件に深く悲しみ、状況を注意深く見守っている。捜索は続いており、われわれの海兵隊員、海軍兵、そして彼らの家族のために祈ってください」と書き込んだ。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加