清水MF成岡輝瑠、相模原へ育成型期限付き移籍「成長へと繋げていきたい」

清水MF成岡輝瑠、相模原へ育成型期限付き移籍「成長へと繋げていきたい」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/07/20
No image

清水エスパルスに所属するMF成岡輝瑠が、SC相模原へ育成型期限付き移籍することが決定した。20日、両クラブが発表した。なお、期限付き移籍期間は2022年1月31日までで、背番号は「38」となった。

現在18歳の成岡は清水エスパルスユースから今季トップチームに昇格。2種登録だった昨シーズンは明治安田生命J1リーグで9試合に出場したものの、今季はここまで出場機会はなかった。

育成型期限付き移籍が決定した成岡は清水のクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、SC相模原に期限付き移籍をすることになりました。これまで素晴らしい環境でサッカーをさせていただき、多くのことを教わり、トライすることができました。今回、別の競争に身を置くことにより、自分の成長へと繋げていきたいと思います」

そして、加入する相模原のクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「このたび、清水エスパルスから期限付き移籍に加入することになりました成岡輝瑠です。まずはピッチに立つために日々のトレーニングにしっかり向き合い、相模原の勝利のために全力で闘いたいと思います。残りのシーズン、よろしくお願いします」

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加