「人生で最悪の宿泊客はどんな人だった?」エピソードいろいろ

「人生で最悪の宿泊客はどんな人だった?」エピソードいろいろ

  • らばQ
  • 更新日:2021/06/13
No image

長い人生、招かれざる客が自宅を訪問したこともあるかと思います。

「友人、知人、親戚などを泊めて、今まで最悪だった客は?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

What's the worst houseguest experience you've had? : Reddit,Peggy_Marco - Pixabay

●家族の知人が30歳の息子を連れてアポなしで突然やってきた。ソファで靴を脱いでそのまま昼寝して、うるさすぎるから居間のテレビを消すことになった。
さらに自分たちが持ち込んだスナック代の請求をされた。真面目に彼らではなく自分が客のように感じた。

↑持ち込んだスナック代の請求だって? 頼むから払っていないと言ってくれ。

●父親の友人は客間の隅で酔っ払って、通りかかる全員にお金を要求していた。

●家にあった酒を盗み、ソファで酔いつぶれ、花壇を道路まで引き裂き、客間のトイレも破壊した。
これはすべて私が眠りに落ちてからのこと。彼女はルームメイトの客だった。ルームメイトに、その客を出禁にするか、引っ越しをするか、何度も何度も言わなければいけなかった。

↑犬の説明をしているのかと思った。

●自分の小さなアパートにカップルが泊まった。驚いたのは彼らが3匹の犬と友人1人を連れてきたこと。子犬は夜にカーペットに糞をし、それを誰も掃除しようとしなかった。もう1匹は外のカーペットをくわえて引き裂いた。それと木の家具に噛み付いていた。

↑犬を飼うべきじゃない人がいるな。

●子供の頃、親戚のおばが1~2週間の滞在予定でやってきて、ほぼ1年滞在した。彼女は私の部屋を改装して自分の写真とかを置いていた。

●ハイスクール時代の親友が3時間くらいかかるところへ迎えに来てほしいと頼んできた。仕事が見つかって住む場所を確保するまで2週間くらい泊めて欲しいとのことだった。
半年後、彼に1部屋を貸したあと、ゴミごと彼を追い出してさようならすることにした。
彼の父親から利用されると警告を受けていたが本当だった。その数か月間、仕事を探すためにうちの車を使っていたが近所のバーで飲んでいた。うちにあるアルコールの全ては空になった。

●母親のいとこ夫婦が短期でうちに遊びに来た。そのとき彼女は妊娠5か月だった。彼らは子供が生まれて2か月経つまで去らなかった。

●元妻の友人は車が壊れて、うちが彼女の仕事先の路線バスの停留所だったので、車が直るまで1週間滞在する予定だった。
2か月経って、たくさんの警告をして、彼女の荷物を私たちが詰めてドアの隣に置いた。

●どこにトイレットペーパーがあるかを尋ねずに、自分の子供のお尻をうちのゲストタオルで拭かせていた。

●父親のスピーカーの音量を最大にして壊した(70年代のものなので修理は不可能)。
それからトイレを詰まらせ、祖母のキルトを吸水に使った。それから水を止めるために激しくタンクを動かし、便器はひび割れた。
パニックした彼は鍵をかけようとして濡れた床で滑り、転んで彼の体サイズの型が壁についた。
以上が弟の友人が出禁になった理由だ。

●間違いなく義姉の家に来た女の子。なぜか彼女は救急にイタズラ電話することをおもしろいと考え、怒った警察から電話を受けた。やめないと次はパトカーをよこすと言われた。お礼をいって真摯に謝った。
二度と彼女が招待されることはなかった。17歳だったが、それくらいの分別はあって当然の年齢だ。

度を越したひどい客がいるものですが、長い間泊めてあげる親切な人も多いことに感心です。

【「人生で最悪の宿泊客はどんな人だった?」エピソードいろいろ】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加