【沖昌之】柱をよじ登るぶち猫 「そこに柱があるからニャ」

【沖昌之】柱をよじ登るぶち猫 「そこに柱があるからニャ」

  • AERA dot.
  • 更新日:2022/08/06
No image

Canon EOS-1D X Mark III・f6.3・1/1250秒・ISO1250(撮影/猫写真家・沖昌之)

主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気の猫写真家・沖昌之さん。「今週の猫しゃあしゃあ」では、そんな沖さんが出会った猫たちを紹介します。今回は「そこに柱がある限り、猫は登り続けます。」をお届けします。

【写真】決定的瞬間!「餌やり禁止」の看板を撤去したい猫*  *  *

香川県・佐柳島にある唯一の宿泊施設「ネコノシマホステル」。今回の写真は、このネコノシマホステルの渡り廊下で撮影しました。この施設は、佐柳島にある「本浦」と「長崎」という二つの集落の真ん中あたりにあります。それぞれの集落の猫たちが隣の集落に遠征するときに、ここに寄り道をしているようです。ここを気に入った猫がすみついてもいるので、ぜひお茶がてら、会いに来てくださいね。

◎沖昌之(おき・まさゆき)/猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集『必死すぎるネコ』は5万部超えのベストセラー。その他の写真集に『明日はきっとうまくいく』『ぶさにゃん』『残念すぎるネコ』など多数。
Instagram:@okirakuoki
twitter:@okirakuoki

※AERA 2022年8月8日号

沖昌之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加