広州タワーが倒れた?建設中の歩道橋のデザインが酷似していると物議―湖北省黄石市

広州タワーが倒れた?建設中の歩道橋のデザインが酷似していると物議―湖北省黄石市

  • Record China
  • 更新日:2022/01/14
No image

広州タワーが倒れた?建設中の歩道橋のデザインが酷似していると物議―湖北省黄石市

中国湖北省黄石市で建設が進められている歩道橋のデザインが、広東省広州市のランドマークであるテレビ塔の「広州タワー」を横にした形に酷似していると物議を醸している。

南方Plusの11日付報道によると、歩道橋のデザインについて、ネット上では「広州タワーが倒れた姿を想起させ、とても違和感ある」との声や、「デザインをパクった」との指摘も見られる。

歩道橋は、広州路と白馬路の交差点にあり、長さは100メートルで、黄石の「小蛮腰」とも呼ばれている。「小蛮腰」とは広州タワーの愛称だ。

物議を醸していることについて、黄石市の当局者は南方Plusの取材に対し、上司の指示を仰ぐ必要があるとして回答していない。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加