シンガポール拠点のキャリアプラットフォームGlintsがシリーズCで約24億円を調達

シンガポール拠点のキャリアプラットフォームGlintsがシリーズCで約24億円を調達

  • TechCrunch
  • 更新日:2021/04/07
No image

シンガポールを拠点とするキャリアプラットフォームのGlintsは米国時間4月6日、日本の人事管理会社であるPERSOL HoldingsがリードするシリーズCラウンドで2250万ドル(約24億円)を調達したと発表した。今回調達した資金はGlintsのシンガポール、インドネシア、ベトナム、台湾における事業拡大と、同社の製品およびエンジニアリングチームの雇用に充てられる。

Glintの共同創業者でCEOのOswald Yeo(オズワルド・ヨウ)氏によると、今回の資金調達は東南アジアの人材プラットフォームとしてはこれまでで最大規模のものであり、同社の調達総額は3300万ドル(約36億円)に達したと述べている。その他の参加者には以前から投資しているMonk’s Hill Ventures、Fresco Capital、Mindworks Ventures、Wavemaker Partners、Flipkartの共同創業者であるBinny Bansal(ビニー・バンサル)氏、元Goldman Sachs TMT Chinaのトップでパートナーを務めるXiaoyin Zhang(シャウエン・ジャン)氏などがいる。

2013年に設立されたGlintsは150万人以上のプロフェッショナルとGojek、Tokopedia、Starbucks、Mediacorpを含む3万の組織で利用されている。ヨウ氏によると、現在のユーザーの大部分はテクノロジーと金融サービスの分野からのものだが、Glintsは 「若手から中堅までの専門家を幅広く対象としており、長期的な目標は分野にとらわれないことだ」 と述べている。

関連記事:マイナビが台湾の求職プラットフォーム「CakeResume」に約9600万円出資

LinkedIn、JobStreet、CakeResumeといった他の求人プラットフォームとGlintsとの違いは、キャリアアップを望む人たちのために 「フルスタック」 のサービスを構築していることだ。同社によると毎月7000件以上のリスティングがあり、400万人の訪問者があるジョブマーケットプレイスに加えて、Glintはコミュニティ機能やオンラインクラスなどのスキル教育も提供している。

Glintのバリュープロポジションの1つは企業、特にテクノロジー企業が地域の人材不足に対処するのを支援することだ。このテーマは最近、Monk’s Hill Venturesの総合レポートでも取り上げられた。

このレポートでは、シンガポールなど特定の市場での人材不足に対応するため、東南アジアの異なる国に拠点を置くチームを採用するというソリューションを紹介している。Glintsによると、同社の国境を越えたリモートワークハブであるTalentHubはパンデミックの影響もあり、雇用主がリモートでの雇用に前向きになったため、2020年には事業を倍増させたという。

カテゴリー:HRテック

タグ:Glints、資金調達、シンガポール

画像クレジット:Glints

原文へ

(文:Catherine Shu、翻訳:塚本直樹 /Twitter

Catherine Shu,Naoki Tsukamoto

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加