“高身長グラマラスボディー”爽香、チャームポイントは「しっとりとした大人の色気」

“高身長グラマラスボディー”爽香、チャームポイントは「しっとりとした大人の色気」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/05/14
No image

爽香にインタビューを行った /  ●Photo by Akari.K

【写真を見る】さすが高身長グラマラスボディー…!爽香のド迫力ローアングルSHOT

5月24日(水)に11th DVD「びしょ濡れ恵体ガール」をリリースするグラビアアイドル・爽香(さやか)が、4月17日に東京・Booty東京で行われた「スペシャル大撮影会in Booty東京」に参加。撮影会終了後に行ったインタビューでは、持ち前の“高身長グラマラスボディー”を生かしたポーズの取り方や誰にも負けないチャームポイント、「GカップのG党」ならではの“野球愛”も語ってもらった。

「Fresh!」は、東京・秋葉原を拠点に毎週末スタジオや屋外で開催されている撮影会。5月からは毎年恒例のプール大撮影会をはじめ、趣向を凝らしたイベントを多数開催予定だ。

No image

爽香にインタビューを実施した /  ●Photo by Akari.K

背の高さは自信があります

――今回の撮影会はいかがでしたか?

たくさんの人が来てくださって、自分のことを知っていただくいい機会になったと思います。

――撮られている時に心掛けていることはありますか?

あまり同じポージングにならないよう気を付けています。最初、前向きで胸が中心だったら次はお尻とか。いろいろな角度から撮っていただけるよう自分なりに工夫しています。

――目線も大変ですよね。

だいたい3秒ずつ、2シャッターぐらいで回しているんですけど、最初は右側にいた人が気付いたら左側にいたりして。どんどん目線を追い掛けて来る方もいらっしゃいますね。

――好きなポーズはありますか?

身長が173cmあるので、全身を撮っていただけるポーズ。背の高さは自信がありますし、皆さんに撮ってほしいです。

――これは誰にも負けないと思うチャームポイント(武器)は?

身長以外だったら表情の作り方。もう27歳になるので、しっとりとした大人の色気のようなものは少しだけですけど自信が持てるようになりました。

――撮影会に向けてどんな準備をしますか?

普段からダイエットをしているということはないです。どちらかというと短期集中型。撮影の1週間ぐらい前から食事に気を使ったり、運動をしたりするようにしています。良い意味でも悪い意味でも、あまり気にしていないかもしれません。悪い意味の方が大きいかもしれないですけどストレスフリーの生活を送っています。

――集中して体を絞るタイプなんですね。

今のところは、それで何とかできています。食事は3日前からスープだけとか。普段は何も気にせずガツガツ食べています(笑)。

「ととのう」という感覚も分かってきました

――運動は何をしているんですか?

ジムに通っています。あと、自分は何が長く続くんだろうって考えた時にサウナだったら続けられるかなって。体を温めるとやせやすくなるというか、いい状態でいられるんです。肩こりも緩和されるし、水風呂の良さも「ととのう」という感覚も分かってきました。

――撮影会やDVD撮影の仕事などにおける“グラビアあるある”は?

DVDの撮影に備えて他の方の作品を見ている時に「ここで撮ったことがある」とか、「見慣れた風景だな」って思うことはよくあります。

水着の撮影会でも衣装かぶりはよくありますね。やっぱり、いい水着を教えてもらったり教えたりという情報交換をしていますし、水着を買うサイトが同じだったりしますから。それは仕方がないことだと思います。

――では、今着ている水着のポイントは?

これは三角ビキニ。小さ過ぎず体にフィットした感じ。いい具合に下乳が出るのでかなりお気に入りです。普段は淡い色合いのものを選ぶことが多くて。こういう原色ものは水着ならではなのかなと思います。

――水着の上下にちょっとしたアクセントがありますね!

破けているフリ?みたいなチラリズムです(笑)。ちょっとドキッとしますよね。さっき、スタッフの方に「破れてるの? 大丈夫?」って心配されました(笑)。

――「GカップのG党(ジャイアンツファン)」なんですよね?

そうです。今のところ(※取材時)調子が良いですよね。

――Twitterで、外国人選手の選球眼に注目していましたね。

毎年入って来る外国人選手は動画とかを見て、こういうところがいいんだなとか研究しています。巨人の外国人選手は当たらないことが多いですけど、今シーズンは楽しめるような気がします。

――球場に足を運ぶことも?

スケジュールが1時間でも空いていたら、球場に行きたいタイプ。そういう時はふらっと入れる外野席がいいですね。

今日は試合開始から最後まで楽しめるっていう日は、バックネットや内野席。一球、一球伝えてくれるネットの野球速報をチェックしながら観戦しています。球場では分からない球種やコースが分かるからより深く野球を楽しむことができるんです。

――ちなみに、巨人で注目している選手はいますか?

高卒2年目の中山礼都(らいと)選手!ショートを守っていて“坂本(勇人)二世”として期待しています。バットコントロールがうまいので、これからいいバッターになるんじゃないかなと思います。

――Twitterを拝見したところ、パチンコも好きなんですよね?

ギャンブルもします(笑)。野球のオフシーズンになると何もやることがなくて、今まではずっと漫画を読んでいたんですけど、たまたまギャンブルと出合って。パチンコもそうですし、事務所で番組をやっているので競輪も勉強中。競馬は重賞レースをやることが多いです。

――今後の目標は?

グラビアの先輩たちを見ていると“日本一エロい”や“日本一黒い”という肩書が必要なのかなと思っていて。身長が高いという見た目の特徴はありますけど、やっぱり私は野球が好きなので“野球好きNo.1グラドル”として、もっともっとたくさんの方に知ってもらえたらいいなと思っています。知っていただくことで、今まで以上に仕事の幅が広がっていったらうれしいです。

そして、最終目標は東京ドームで始球式!大学時代にお芝居もやっていたので自分が得意なことをどんどん続けていけたらいいなと思います。

◆取材・文=月山武桜

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加