子供部屋のレイアウトどうしてる?勉強机やベッドなどの快適な配置実例をご紹介

子供部屋のレイアウトどうしてる?勉強机やベッドなどの快適な配置実例をご紹介

  • folk
  • 更新日:2021/01/12

子供部屋のレイアウト実例をご紹介!

可愛いわが子の子供部屋。今のレイアウトで満足していますか?おしゃれな空間に憧れはあるものの、レイアウトや人気アイテムがわからない方は多いのではないでしょうか。それには、部屋の広さや間取りに合わせた配置の工夫が必要になります。あなたのお家の子供部屋はどのような風にしたいですか?こちらではレイアウトの実例やコツを紹介しています。模様替えにも応用できますよ。

子供部屋のレイアウトのコツ

子供部屋を具体的にイメージ

レイアウトのスタイルは、兄弟構成などが影響してきます。部屋の広さや間取りもそれぞれです。家具の大きさや高さで、使いやすさと人に与える印象はガラリと変わるでしょう。また、カラーや家具の素材はそろえた方が統一感があります。人気のスタイルか、効率を重視か、イメージを具体的にしましょう。

二人部屋のレイアウト

ひとつの子供部屋を二人で使う場合は、それぞれの生活スペースを確保すると良いでしょう。同じ机で勉強してしまうと、集中できなかったり喧嘩になったりします。子供も一人になりたい時や、何かに打ち込みたい時がありますので、プライベートな空間を作ることでのびのびと過ごせます。

男の子と女の子のコツ

男の子用と、女の子用でそれぞれの生活空間を分けることをおすすめしています。小さい頃はあまり性別を気にしませんが、小学生程の年頃になると異性を意識し始めます。部屋を分けることで着替えなども安心して行えるでしょう。そのほかのメリットとして、お友達も呼びやすくなるという点もあります。生活空間を分けるための人気アイテムは、間仕切りカーテンやパーテーションです。

難しい間取りのコツ

例えば、細長い部屋は生活導線を確保しにくので、配置が難しいです。レイアウトとして人気なのはロフトベッド。こうすることで下のスペースを収納などの配置ができます。こちらの子供部屋はDIYで長方形の部屋を工夫して空間を広げました。基地のような空間は男の子の冒険心をそそります。DIYは年々人気が上がっています。手作でしか再現できない温かみは、自分だけの特別な空間です。

子供部屋のレイアウト実例《5畳》

一人用子供部屋のレイアウト

こちらは、5畳の子供部屋のレイアウトです。フレンチカントリーの家具と淡いグリーンで統一されたレイアウトの中に、ピンクが差し色で配置されています。女の子に断然人気のフレンチカントリーならではの、柔らかい色合いです。暖かな日差しが入り込んだお部屋は、まるで絵本の世界。小さめの家具を選ぶことと、壁際に家具を配置することで、子供部屋を広々と使えます。

二人用子供部屋のレイアウト

5畳ではスペースが限られてしまいます。二人部屋では二段ベッドが人気アイテム。寝るとき以外はリビングで過ごすというご家庭は多いです。寝るとき用の子供部屋ならベッドの配置も窮屈ではありません。シンプルな家具とカラフルなラグがマッチしていますね。

収納の工夫で5畳も快適に

5畳の部屋の収納のコツは、シンプルなデザインを選ぶことと、収納ボックスを同じものにそろえること。そうすることで、視覚効果が空間の広がりを生みます。写真の子供部屋は、淡いカラーでまとめています。小さいお子さんがいる家庭ではジョイントマットが人気です。ボーダー柄に配置することで、奥行きが生まれています。

高さをそろえたレイアウト

広々と感じさせるコツは同じ高さの家具を配置したレイアウトです。おもちゃで散らかったお部屋もこのような収納ボックスに詰め込むだけで目隠しに。急な来客時にも、さっと片付けられるので、人気アイテムの一つです。ホワイトを基調としたお部屋に、ブラックのマットと星のガーランドのアクセントで、スタイリッシュさを演出されています。[mobile][toc][/mobile]

子供部屋のレイアウト実例《6畳》

6畳は二人部屋にしやすい広さ

6畳の広さがあれば、二人用の子供部屋としてレイアウトできます。こちらは、人気のカントリーテイストを配置した姉妹の子供部屋です。角に本棚と机を密着させるレイアウトになっています。チェストではなく、本棚を角に置くことで物の出し入れもスムーズに行えます。二人部屋で狭くなりがちな子供部屋も、このようなレイアウトにすることで、ゆとりある子供部屋を実現できるでしょう。

人気の北欧モダンなレイアウト

こちらは6畳の部屋を男の子二人で使用しています。同じデザインの机を並べて配置することで、まるでオフィスのようなスッキリとした見た目になっています。人気のニュアンスカラーのクロスとブラウンのインテリアが知的で大人っぽい印象に。ブルーは集中力アップの効果があるので、勉強がはかどりそうです。また、同じ家具を並列することで、スペースを節約しています。

ブラウン×ネイビーは男の子に人気

こちらの6畳の子供部屋は男の子が使用しています。ネイビーのファブリックと木目の家具で統一したレイアウトになっています。とてもシックな雰囲気ですね。男の子らしい重ためなカラーも、ポイントで柄物を入れることで、軽い仕上がりに。落ち着いたインテリアは小学校卒業したあとも活用できます。

DIYを駆使したレイアウト

こちらは、DIYを駆使した子供部屋です。ランドセルやカバンを魅せる収納としておしゃれに演出しています。海外映画に出てくるカフェのような素敵な子供部屋ですね。お父さん気合たっぷりのとっておきの子供部屋。お友達をたくさん呼びたくなりますね。

子供部屋のレイアウト実例《7畳》

7畳の子供部屋は自由度が高い

7畳の子供部屋は、インテリアを存分に楽しむレイアウトが可能です。こちらは小学校高学年の女の子の子供部屋です。配置されている家具は直線的なデザインでスッキリした印象に。組み立て自在で人気のオープンラックをしています。窓に重ならないように配置されているので、部屋が明るく感じます。

人気の家具も配置できる

人気のティピーテントとニュアンスカラーの壁もDIYです。自然素材の家具と飾りがまるでお店のようです。自宅でこのような空間があるなんて素敵ですね。手作りのティピーテントは最近人気が上がっています。自作でしか出せない温かみある雰囲気のレイアウトです。7畳もの広さがあれば、インテリアは自由に作れます。

ベッドなしでワイワイと

こちらは7畳の部屋に布団を敷いて寝るというスタイルの子供部屋です。毎晩布団を敷く手間はありますが、人数を気にせずワイワイ楽しく使用できます。ベッドを置かない分、それぞれの収納やおもちゃ箱の配置が可能です。まばらの大きさの家具は、部屋の奥側に高いもの、手前側に低いものというようにレイアウトすると良いでしょう。

7畳のプレイルームとして

人気高いパイン素材のインテリアを使用したレイアウトです。シャーベットカラーのチェアとテーブルを大胆に子供部屋の真ん中に配置しています。完全に子供の遊ぶ場所としてレイアウトされています。このようなスタイルは子供も思い切り遊べるのと、片付けがしやすいのが特徴です。プレイルームなら男の子も女の子も自由に遊べるので人気のスタイルです。

子供部屋のレイアウト実例まとめ

部屋の広さによって、家具の大きさやレイアウトは変わります。なりたい部屋のイメージをあらかじめ具体的に固めておくと良いでしょう。どのような部屋しようか想像を膨らますのも楽しみの一つです。ぜひ、ご家庭に合った子供部屋のレイアウトを見つけてみて、素敵な毎日を送ってください。

torapian

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加