「阿波おどり」踊り手4分の1...819人コロナ感染判明

「阿波おどり」踊り手4分の1...819人コロナ感染判明

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

徳島市の「阿波おどり」は、先月12日から4日間、3年ぶりに屋外の演舞場に観客を入れて行われました。

今回、実行委員会が、123の踊り手団体を対象にアンケートを実施したところ、86団体から回答があり、819人が感染していたことが分かりました。

推計参加者数3425人のうち、実におよそ4分の1が感染したことになります。

コロナ対策のマニュアルでは、踊り手もマスクを着用するよう決められていましたが、アンケートの中には「感染対策のマニュアルを守らず、マスクなしで踊っている参加者もいた」という回答もありました。

実行委員会は、「来年に向け、前向きに課題を検討していきたい」とコメントしています。

(「グッド!モーニング」2022年9月23日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加