日本 久保の強烈ゴールで先制 完璧トラップから左足 引く南アに苦戦も勝利

日本 久保の強烈ゴールで先制 完璧トラップから左足 引く南アに苦戦も勝利

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2021/07/23
No image

後半、先制ゴールを決める久保建(撮影・高部洋祐)

「東京五輪・サッカー男子・1次リーグ、日本1-0南アフリカ」(22日、味の素スタジアム)

日本が後半に久保が先制ゴールを決めた。トラップからドリブル、シュートまでの一連の流れで、南アフリカの守備をこじあける完璧なゴールだった。

後半26分、サイドチェンジのロングボールを右サイドで左足で的確にトラップすると、中央に持ち出して相手マークを外すと、すぐさま左足でシュート。カーブもかけた強烈なシュートは、ゴール左ポストの内側に当たってゴールネットを揺らした。チームメートに囲まれながら指でアルファベットのKを形づくる“Kポーズ”で自身の得点をアピールした。

相手は守備ラインに5人が入る、サッカーの世界で言う“ベタ引き”の戦術をとった。これを日本は崩しきれず、ボールを支配しながらも消化不良な展開が続いていた。

守備の柱を担うDF冨安が、この試合はベンチ外になっている。中山、吉田、酒井に加え、守備ラインには板倉が起用されている。

試合はこの1点を守り切り、日本が勝利。初戦で勝ち点3を得た。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加