どっちが大関?高安が朝乃山と三番稽古13勝1敗

どっちが大関?高安が朝乃山と三番稽古13勝1敗

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

三番稽古で朝乃山を上手投げで転がす高安

どっちが大関かわからない!? 来月の大相撲春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)で返り三役3場所目が確実な小結高安(30=田子ノ浦)が22日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われた合同稽古3日目に参加。大関朝乃山(26=高砂)と三番稽古を行い13勝1敗と圧倒した。

かねて大関との三番稽古を熱望しており、この日は「(自分から)お願いしました、直接」と笑った。内容的には、朝乃山に押し込まれ、土俵際での逆転もあり「しっかり食い止めて前に持っていくのが理想。勝ち負けは関係ないので内容を考えて…。まあボチボチという感じですね」と楽観はしなかった。

それでも内容は重視していたようで「相手の得意な相撲を取らせないということを意識した。相手不十分で自分が十分、という相撲を心掛けた」と、こちらは手応えを感じた様子。合同稽古は、この日で前半の3日間を終えた。4日目以降については「体と相談して」と話しつつ、横綱との稽古にも「また(胸を)貸してもらえれば、と思います。残りも頑張ります」と大関経験者は意欲的に話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加