広陵、大阪桐蔭に敗れ準優勝/明治神宮大会

広陵、大阪桐蔭に敗れ準優勝/明治神宮大会

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

広陵先発の森山陽一朗=神宮球場(撮影・桐原正道)

明治神宮野球大会高校の部決勝(大阪桐蔭11-7広陵、25日、神宮)初の決勝進出で日本一を狙った広陵は、投手陣がつかまり、三回に4点、四回に3点を奪われ苦しい展開となり、五回に4連打を含む6長短打で5点を返し3点差に詰める意地を見せたが、終盤突き放され、追いつけずに終わった。

1年生4番の真鍋慧内野手は、「大阪桐蔭の徹底力がわかった。自分は、最後5打席目はいい打球になっって、(この試合3本)ヒットが打ててよかったが、ここ一番で打てるようにしたい」と反省し、春への課題を挙げた。

中井監督は、「(野球は)ミスをしたら負けのスポーツ。ミスをして連打を浴びた。弱いことがわかって、冬の練習に向かえる。後半は、今の力を十分出していた。粘り強いチームを作っていきたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加