リヴァプールvsユナイテッド!最強かっこいい“赤”ユニフォーム10選

リヴァプールvsユナイテッド!最強かっこいい“赤”ユニフォーム10選

  • Qoly
  • 更新日:2021/05/03
No image

イングランドで屈指の宿敵関係にあるマンチェスター・ユナイテッドとリヴァプール。

ここでは、以前伝えた「評価が高った両チームのユニフォームBEST10」を振り返ってみる(ホームユニ限定)。

ユナイテッド:1992~1994

No image

1992年に発足したプレミアリーグで初代王者となったユナイテッド。その際に着用していたのが、これ。胸スポンサーは「SHARP」!

No image

1975年以来となるUmbro製のユニでもあった。前身である1892年当時のニュートン・ヒースFCに敬意を払った編上げの襟元が特徴的。写真下は、ユナイテッドとリヴァプールでプレーしたポール・インス。

リヴァプール:1992-1993

No image
No image

プレミアリーグ初年度のユニは肩口に入ったドでかいスリーストライプが特徴的。リヴァプール史上に残る一着だ。

ユナイテッド:1994~1996

No image
No image

襟が伝統の白から黒ベースに、“キング”カントナによく映えるデザインとして評判に。ショーツのデザインも〇。

リヴァプール:2012-2013

No image

2012年から2015年までサプライヤーだった『Warrior』。

No image

彼らが手掛けたユニフォームには賛否あったが、この真っ赤ユニはなかなかの評判だった。

ユナイテッド:1998~2000

No image

1996~1998シーズンの出来も秀逸だが、こちらもなかなか。

No image
No image

Umbroの「ダブル・ダイヤモンド」ロゴが並ぶ、袖のデザインが特徴的。

リヴァプール:2017-2018

No image

2015年からはWarriorの親会社である『New Balance』がサプライヤーに。

No image

真紅に白が映える上品な仕上がりは各所で高評価を得た。

ユナイテッド:2015-2016

No image

1992以来となるadidas製のユニ。

No image

評価の高かった1982~84シーズン当時のモデルを模倣したもので、白ラインが特徴的。

リヴァプール:2008~2010

No image
No image

2006年当時サプライヤーに復帰したadidas製のシンプルなユニ。特に長袖バージョンの評判が高かった。

ユナイテッド:2006-2007

No image

『AIG』が新たな胸スポンサーになった年に採用された“バスビー・ベイブス”の成功から50周年を記念したユニフォーム。

No image

赤、白、金のカラーが特徴的で、クラブエンブレムも白で縁取る特別仕様に。

リヴァプール:1996~1998

No image

1996年から2006年までサプライヤーだったReebok製の一着。

【写真】売却に衝撃!最高にかっこいい「REEBOKのユニフォーム」10選

No image

CLを制した2005年のものも悪くないが、マイケル・オーウェンがデビューした1996年当時のユニもいい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加