奈良発・話題の【ヘップサンダル】からタウンユースにぴったりな新モデル登場!

奈良発・話題の【ヘップサンダル】からタウンユースにぴったりな新モデル登場!

  • LaLa Begin
  • 更新日:2022/05/14

履物の産地、奈良発のサンダルブランド〈HEP〉から、今夏の新作モデルが登場! つっかけやご近所履きとして愛された“ヘップサンダル”を現代にアップデートする特徴はそのままに、新作ではタウンユースを想定されているのだそう。デザイン性や歩きやすさを強化し、街中で一日中履き続けられるサンダルとしてアップデートされた新モデルはこちら!

1959年の米国映画が由来! 鼻緒サンダル『BNH』

No image

BNH 9020円(税込) 色:ブラック / アイボリーサイズ:S(23-24cm)/ M(24-25cm)/ L(25-26cm)/ LL(26-27cm)/ 3L(27-28cm)※ユニセックスのサイズ展開

ブランド初の鼻緒タイプのサンダル「BNH」。アカデミー賞を受賞した1959年の米国映画「ベン・ハー」に由来し、ヘップサンダル界で”ベンハー”の名で親しまれてきた形をアップデートしたそう。甲の高さに合わせて4段階に調節でき、よりフィット感が増し歩きやすくなりました。一日中歩いても快適な、タウンユース向きのサンダルです。

ドライビングサンダルをシャークソールにした『DRV -Sharksole』

No image

DRV -Sharksole 1万8700円 (税込) 色:ブラック / アイボリーサイズ:S(23-24cm)/ M(24-25cm)/ L(25-26cm)/ LL(26-27cm)/ 3L(27-28cm)※ユニセックスのサイズ展開

かつてタクシーの運転手に愛用されたドライビングサンダルを昇華し、高い人気を誇るモデル「DRV」。そこに新ソールを配した「DRV Sharksole」はその名のごとく、サメの歯のようにギザギザの凹凸があるシャークソールが特徴です。デザイン性が高いだけでなく、濡れた路面でも滑りにくい機能性もうれしい。国産にこだわって仕上げたソールは、歩きやすい上にコーディネートのアクセントとしても楽しめます。

No image

両モデルともに、昭和の時代から愛され続けてきた“ヘップサンダル”がデザインソースとなっています。色展開はブラックと、インラインでは初のアイボリーを加えた2色。サイズは全て、ユニセックス展開です。素材選定では機能性にもこだわっており、特に中敷きには吸汗・放湿・抗菌・消臭効果があるというから、ヘビロテしても安心! 今年の夏は、ヘップサンダルにトライしてみて。

※ヘップサンダル:つっかけやご近所履きとして、長年日本の軒先で愛されてきたミュールタイプの履物。​その名の由来は、映画「ローマの休日」の劇中にオードリーヘップバーンがサンダルを着用したことから、日本では親しみを込めてヘップサンダルと呼ばれるようになったといわれています。

公式オンラインショップ

https://hep-sandal.stores.jp/

商品の問い合わせ先/https://hep-sandal.stores.jp/inquiry

※掲載内容は配信時点の情報です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加