身近な人を追い込む「心理的虐待」のメカニズムとその対処法

身近な人を追い込む「心理的虐待」のメカニズムとその対処法

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2021/05/03

「ガスライティング」という言葉は、この10年ほどでずいぶん広く知られるようになりました(相手の心を操る心理的虐待)。

実際以上に強調されたり、誤用されたりすることはあるものの、全体的にいえば、この言葉が示す概念に対する認識が高まっていることは、被害に遭った経験を持つ人たちにとって助けになっています。

「ガスライティング」とは?

かねてから、パートナーや会社の同僚、家族、友人からこのような仕打ちを受けている人はいたのですが、以前はこの行為を指す言葉が存在しなかったからです。

ガスライティングの詳細や、その起源、そこから生じる問題を解説した記事は、世に数多く出回っています。

簡単に言うとこれは、加害者が被害者の記憶に疑問をつきつけ、被害者に「自分の記憶は当てにならない」という思いを抱かせることによって、何らかのメリットを手にする心理的メカニズムです。

セラピストのAlyssa Mancao氏は「mindbodygreen」の記事で、ガスライティングされている人が示すいくつかの兆候を解説しています。

さらに、人の心理を操ろうとするこうした行動を取る相手に対して、どう言い返せばいいかについてもアドバイスしています。

「自分がガスライティングされている?」と思った時にチェックすべきこと

Mancao氏によると、ガスライティングを受けている側は、まずはそれに伴う自らの変化を認識することが大事とのことです。

前述の記事で同氏は、被害者が陥りがちな状況についてこう解説しています:

絶えずガスライティングの被害に遭っている人には、自己肯定感の低下、加害者への感情的依存といった変化が生まれます。

ガスライティングされ、心理的葛藤を抱えている人は、混乱や怒り、失意など、さまざまな感情を抱きます。

そしてしまいには、口に出す言葉でも、頭の中でも、行き場のない思いが悪循環を始めます。

こうしたタイプの堂々めぐりは心身の消耗を招き、自分自身に対する信頼に悪い影響を与えます。

ガスライティングの加害者がよく使うフレーズには、以下のようなものがあります。

「それは君の作り話だ」

「そんなことは一度も起きていない」

「悲劇の主人公気取りだ」

「君は、ことさらに大げさに言っているだけだ」

自分を支えよう

相手がいつも自分を軽く扱い、操作しようとしている場合に、自分を支えようとすることは、言うのは簡単ですが、実行はとても難しいものです。

それでもMancao氏は、自分を信じることが大切だと強調します。

加害者が、あなたにとっての真実や記憶、過去の出来事への認識をねじ曲げようとしたとしても、負けないでください。

物事が実際に起きている時に自分が覚えた感情を書き記し、記録として残しておくのも有効です。

ガスライティングをやめない相手への言い返し方

こうした目に遭った経験がある人なら、これがどれだけ悩ましい状況かご存じでしょう。Mancao氏が指摘するように、ガスライティングの主な手口には、「明らかなウソをつく」「話題をすり替える」「被害者の感情や体験を無いものにする」といったものが挙げられます。

そういう状況でも、「目的意識を持って会話に臨めば、ガスライティングの加害者が誘導しようとする別の方向へとそれることなく、自分が決めた道を貫くのに役立ちます」と、Mancao氏は述べています。

また、選択肢のひとつとして、会話を打ち切ってその場を立ち去ることを恐れないでください。

ガスライティング加害者の目的は、被害者に、『自分が感じていることは間違っているのではないか』という思いを抱かせることです。

ですから、ガスライティングがひどくなる前にその場を立ち去ることは、物事に対するあなたの思いをゆがめられないよう守るための方法と言えます。

あらかじめ反論を用意しておくと心強いという人のために、Mancao氏は、以下のようなフレーズを提案しています。

「私の感情や現実には、ちゃんとした根拠があります。あなたは私が気にしすぎだと言っていますが、それを私は認めません」

「『君はこう感じるべきだ』と言ってこないでください。私は実際にこう感じているのですから」

「私には、この話題や会話を続ける権利があります。大げさなどと言うのはやめてください」

「私は、自分が見たものについて理解しています」

「あなたが私の感情をそこまで軽く扱い続けるのであれば、これ以上会話は続けません」(と言ったあとに、きっぱりと境界線を引きましょう)

要するに、ガスライティングへの対処法は、「自分を尊重する」ことに尽きます。

それには、「その場を去る」ことも含まれるのです。

あわせて読みたい

誰も嫌な思いをしない。相手の意見を否定せずに上手く反対する伝え方

世の中には「何でも嫌う人」がいる:研究結果

ガリレオ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加