【超進化グルメ】アサヒスーパードライの生ジョッキ缶をスローモーション撮影 / どんな泡が出るのか検証と注意点

【超進化グルメ】アサヒスーパードライの生ジョッキ缶をスローモーション撮影 / どんな泡が出るのか検証と注意点

  • 東京メインディッシュ
  • 更新日:2021/04/06
No image

家で生ビールが飲みたいなあ。どうせならジョッキに注いだようにアワアワな感じで泡を楽しめたらなあ。そう思っている人は少なくないはず。外出する機会が減り、居酒屋でグビグビと生ビールを飲む機会が減った人もいるはずだ。そんな人たちに朗報である。

・缶の上面がまるごと開封

家にいながら、缶ビールで生ビールをジョッキで飲んでいるかのような感覚になれる、夢のような缶ビールが爆誕。アサヒスーパードライの生ジョッキ缶である。今までの缶ビールと同様にプルタブを引いて開封するのだが、缶の上面がまるごと開封されるだけでなく、独自の製法で泡がたっぷり溢れ出る仕組みになっているのである。

・泡がどんどん出てくる仕組み

実際に試してみたが、プルタブはしっかり固定されているで、やや力を入れつつも、缶が倒れないように開封するといい。パカッと上面が開くと、あとは泡がどんどん出てくる仕組み。

No image

・12度以上だと泡が溢れてしまう可能性

これはなかなか楽しい! 確かにジョッキのように泡が並々と表面張力を無視して盛り上がっている。もちろん中身も絶品だ。ただし、ひとつ注意点がある。泡を適切な量にするためには4~8度がベストのようで、12度以上だと泡が溢れてしまう可能性がある。しっかり冷やして飲もう(冷やし過ぎると泡が減るとの情報アリ)。

・楽しめる試みは高く評価したい

家にいながら美味しいグルメ生活、楽しい体験ができるのは嬉しいかぎり。このような、家でもどこでも楽しめる試みは高く評価したいし、これからも新たなグルメを追求してほしいと思う。

もっと詳しく読む:【超進化グルメ】アサヒスーパードライの生ジョッキ缶をスローモーション撮影 / どんな泡が出るのか検証(東京メインディッシュ)https://main-dish.com/2021/04/06/asahi-super-dry-namajokkikan/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加