松本伊代、背骨を圧迫骨折 運動中に負傷で自宅療養 大阪の番組は3週欠席中

松本伊代、背骨を圧迫骨折 運動中に負傷で自宅療養 大阪の番組は3週欠席中

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/22
No image

松本伊代

タレントの松本伊代(56)が背骨を圧迫骨折していたことが22日、わかった。公式インスタグラムで発表した。約3週間前に運動中に負傷したという。

松本は「ご報告」と題し、インスタを更新。「三週間程前に、お恥ずかしい話なのですが、運動中に無理な体勢をして、背骨を圧迫骨折をしてしまいました。現在、移動をともなうお仕事はしばらくお休みさせていただいております」と明かした。

また、「症状は痛みがあり、とにかく安静にしているほかないようで、入院はせず自宅で療養しております。主治医の先生からは、骨が固まるまでは安静にとお話がありました」と説明した上で、「部位が背骨ということなので無理せず焦らず治して行こうと思います」とした。

関係者への謝罪をつづった松本は「もう少しかかりますが、また元気な姿で皆さまの前に出られるよう、がんばります。家族やスタッフの皆さんのサポートにも感謝です」と思いを記した。

松本は火曜レギュラーを務める関西テレビ「よ~いドン!」は6、13、20日と3週連続で欠席しており、6日に番組で「ケガによるお休み」と伝えられていた。

松本は1981年に「センチメンタル・ジャーニー」で歌手デビューしてから、10月で丸40年を迎える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加