凸版印刷の製造DX支援ソリューション「NAVINECT」、統計的工程管理による品質管理機能を提供

凸版印刷の製造DX支援ソリューション「NAVINECT」、統計的工程管理による品質管理機能を提供

  • クラウド Watch
  • 更新日:2022/06/23

凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は23日、エッジ向けの製造DX(デジタルトランスフォーメーション)支援ソリューション「NAVINECTエッジ」シリーズにおいて、SPC(統計的工程管理)による品質管理機能を提供すると発表した。

「NAVINECTエッジ」は、顧客ごとにシステム設計から運用まで最適な形にカスタマイズし、製造現場のデジタル化を支援する製造DX支援ソリューション「NAVINECT」のうち、エッジ向けに提供されるもの。生産装置やエッジデバイスのデータを自動的に取得し、データをエッジサーバーで高速処理して活用することにより、現場の改善に寄与するという。

今回はそのNAVINECTエッジにおいて、製造工程のデータを収集・統計的に処理・監視し、不良品の発生を未然に防止するSPCに基づいた品質管理機能を新たに提供する。同機能では、NAVINECTエッジの汎用連携モジュール「DockGator」を通じて、さまざまな機器、システム、外部サービスなどからデータを収集。作業者が入力した品質に関する規格設定をもとに、収集データを統計的に処理することで、完成品の品質を左右する異常を事前検知する。

あわせて、検知後の処置状況も管理できるようにしており、各種分析用画面としては、凸版印刷の社内工場で培われたユーザーインターフェイス(UI)や集計機能を実装したものが提供されるとのこと。

こうして、規格の設定から、データ収集、品質関連のデータにおける異常傾向の自動検知、異常検知後の処置管理といった、品質管理の実現に必要なワークフロー全体の機能をNAVINECTに実装することにより、製造現場における品質管理のDXを支援する。

価格は300万円からで、ハードウェアや立ち上げ費用は別途必要となる。

No image

石井 一志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加