タクシーの"運転経路"でもめた? 乗務員の胸ぐらつかむ...37歳男を逮捕 「暴力は間違いない」 飲酒後の帰宅途中か 札幌

タクシーの"運転経路"でもめた? 乗務員の胸ぐらつかむ...37歳男を逮捕 「暴力は間違いない」 飲酒後の帰宅途中か 札幌

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

暴行の現行犯で男を逮捕した北海道警札幌西署

タクシー乗務員に暴行を加えたとして1月25日、37歳の男が逮捕されました。

暴行の現行犯で逮捕されたのは、札幌市西区に住む自称・会社員の男(37)です。

男は、25日午前1時30分ごろ、客として乗車したタクシーの乗務員(50代)の胸ぐらをつかむ暴行を加えました。

警察によりますと、タクシーの乗務員は、同市西区山の手の交番に駆け込みましたが、当時署員が不在だったため、警察署直通の電話で通報。

駆け付けた警察官により、男は現行犯逮捕されました。

調べに対し、男は「暴力を振るったことは間違いない」と容疑を認めているということです。

事件当時、男は酒を飲んでおり、警察は運転経路を巡るもめ事から、タクシー運転手への暴行に及んだとみて調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加