高橋由伸、ドラフトのくじ引き制度に提言 江川卓「同じこと考えてますね」

高橋由伸、ドラフトのくじ引き制度に提言 江川卓「同じこと考えてますね」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

元プロ野球選手の高橋由伸氏が2日、YouTubeチャンネル『江川卓のたかされ【江川卓 公式チャンネル】』に出演。動画「【高橋由伸×江川卓】なぜ巨人入りを選んだ!? 高校からプロ入りの可能性はあったのか? ドラフトへの提言! くじは選手が引くべき? 大学時代の思い出!」内で、ドラフトのくじ引き制度に対して持論を述べた。

里崎智也、現役時代で唯一後悔していること「最後言っておけば…」

球団オーナーや監督など球団関係者がくじをひく現行のドラフト制度。江川氏が「僕はその時、意見言って通らなかったんですけど」「『自分で引かせてください』って言ったんですよ」と自身のドラフト時を振り返ると、高橋氏も「僕もそれ、監督の時に言ったんです」と告白する。

続けて「2回くらい、くじ引いたんですけど、思ったよりも緊張するんです」「外れたら外れたで、“くじ運がない”みたいな雰囲気になる」と回顧。そして「“だったら本人に引かせてやってくれ”って思ったんですよね」「そしたら本人も悔いがないじゃないですか?」と持論を述べた。

この言葉に、江川氏は「同じこと考えてますね」とニヤリ。しかし、高橋氏は「でもならなかったんですよ。なんででしょうね?」「江川さんが言ったからじゃないですか?」と冗談めかして、笑いを誘っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加