阪神 大山逆転打にボーアの7試合ぶり一発で連勝

阪神 大山逆転打にボーアの7試合ぶり一発で連勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇セ・リーグ 阪神6―5ヤクルト(2020年10月18日 甲子園)

No image

<神・ヤ>初回1死二、三塁、大山は逆転の2点適時打を放つ(撮影・後藤 大輝)

阪神はヤクルトに6―5で勝利した。0―1の初回1死二、三塁から大山が右前2点打を放ち逆転に成功すると、なおも2死一塁からボーアが右中間へ7試合ぶりとなる17号2ランを放ち、突き放した。2年ぶりに「2番・二塁」で先発した板山も2安打1盗塁と存在感を示した。

先発の秋山は毎回走者を背負い、5回4失点で降板したが、打線の援護もあり、8勝目をマークした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加