中島セナ、“ブレイク女優の登竜門”ポカリCM新ヒロインに抜擢 CGなしのワイヤーアクション挑戦

中島セナ、“ブレイク女優の登竜門”ポカリCM新ヒロインに抜擢 CGなしのワイヤーアクション挑戦

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/04/09

【モデルプレス=2021/04/08】ブレイク女優の登竜門としても注目される「ポカリスエット」の新ヒロインに女優・モデルの中島セナが起用されることが決定。新ヒロイン起用第1弾CMとして、新CM「でも君が見えた」篇が4月9日に公開される。

No image

(写真 : (中央)中島セナ/新CM「でも君が見えた」篇パンフレット (提供写真))

【写真】菅田将暉、染谷将太監督作品で熱演 “注目の美女”中島セナも登場

◆中島セナ、ポカリCM新ヒロインに決定

新CMに映画界にて注目の15歳・中島が新ヒロインに決定。CGなしの85メートルの動く舞台セットを駆け巡る、映画のようなCMが完成した。

新CMは、健康飲料らしさを象徴するモチーフに「風」の表現を入れて制作。“手をのばそうよ。届くから汗が私をつれていく。”をキャッチフレーズに、「勇気を出して、自分の道を進んだら『逆風』が『追い風』に変わる」というメッセージが込められている。

また、今回のCMは謎のアーティスト「A_o」が歌う主題歌にも注目。アーティストについては、後日発表予定となっている。(modelpress編集部)

◆中島セナ コメント

― ポカリスエットのヒロインに選ばれた時の気持ちは?

最初はびっくりしたんですけど、撮影するにあたって、だんだんと自分がやるってことを意識するようにしました。

― 初めてセットを見た時の感想は?

規模が大きくて驚きました。色合いもすごく綺麗で、走ることの達成感がセットと合わさっているのがいいなと思いました。

― 撮影時はどんな気持ちでしたか?

スタッフさんやエキストラの皆さん、私といっしょに頑張っているので、自分のやることをやらなきゃ、と感じていました。あとは、転ばないようにしなきゃと。

― ワイヤーアクションはどうでしたか?

体幹がないと、足が広がってしまうので、遠心力に負けないように、足をそろえるのが難しかったです。

― 将来どうなりたいですか?

まだ具体的には考えていないんですけど、ちょっとずつでも成長できたらいいなと思っています。

◆柳沢翔監督 コメント

― CMのコンセプトは?

最初、クリエーティブチームから、今の世界の状況に対して、「ポカリスエットのヒロインは『アゲインスト』することをやりたい」と話がありました。高校生にどう響く表現にするかを考えた時に、すごく些細なこと、例えば「一緒に帰ろう」と友だちに伝えるためだけに逆走していくのは、身近に感じてもらえるのでは?と思いました。

演出では、ポカリらしさを象徴するモチーフに、今回は「風」の表現を入れています。勇気を出して、自分の道を進んだら「逆風」が「追い風」に変わるというのも、ポカリっぽいなと。

― CMの見どころや、こだわった部分は?

元々、CGを用いたコンテを描いていたけれど「ポカリらしさは、フィジカルだから実際にヒロインの子が走って、汗をかくのを表現したい」という話がでて、「じゃあ、CGをやめて85メートルの動く舞台セットを作ろう」となった。普通だとそういう発想にならない(なっても実現しない)けれど、そっちに舵を切れたのが、僕としてはやりがいがありました。

― 完成したCMはイメージ通り?

スタジオに美術が組まれていくのを見て、「なんてものを描いてしまったんだ!これはとんでもないな…」と思いました、全員が猛烈に準備を進めてくれていて…。でも、いざ撮影が始まると、セナちゃんの熱量にみんなが引っ張られた。撮影中に、セナちゃんの表情がどんどん変わった。

CMの冒頭と最後で表情がまったく違うのは、2日間、順番に撮り進めていくなかで、完全にセナちゃんが覚醒していったから。狙っても、もう撮れないですね。コンテを描いていた時の数百倍くらい、全然違うものになりました。本当にセナちゃんがヒロインでよかった。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加