西岡良仁が死闘の末にエバンズを倒し、ATP500で初のベスト4進出 [シティ・オープン]

西岡良仁が死闘の末にエバンズを倒し、ATP500で初のベスト4進出 [シティ・オープン]

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2022/08/06
No image

ATPツアー公式戦の「シティ・オープン」(ATP500/アメリカ・ワシントンDC/8月1~7日/賞金総額210万8110ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、西岡良仁(ミキハウス)が第16シードのダニエル・エバンズ(イギリス)との死闘を7-6(5) 4-6 7-5で制してベスト4進出を果たした。試合時間は3時間35分。

ツアー大会で西岡が準々決勝を突破したのは準優勝を飾った2020年2月のデルレイビーチ(ATP250/ハードコート)以来で4度目だが、ATP500では初となる。

ワシントンDCに2年連続5度目の出場となる26歳の西岡は、2019年の3回戦進出がこれまでの最高成績だった。昨年はジャック・ソック(アメリカ)に対する1回戦で第1セットを先取したが、右脚のケガを理由に第2セット途中で棄権を強いられていた。

この結果で西岡は、エバンズとの対戦成績を5勝0敗とした。今シーズンは3月にマイアミ(ATP1000/ハードコート)の2回戦で顔を合わせ、西岡が3-6 6-4 6-3で勝っていた。

今大会での西岡は1回戦でジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)を6-4 6-3で、2回戦で第11シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)を3-6 7-6(6) 6-2で、3回戦では第7シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)を7-6(2) 7-6(1)で破って初の8強入りを決めていた。

西岡は次のラウンドで、第1シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)と対戦する。ルブレフは準々決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したJ.J.ウルフ(アメリカ)を6-2 6-3で下して勝ち上がった。

--{シティ・オープンで3時間35分の死闘を制してATP500大会で初の4強入りを決めた西岡良仁選手}--

🙌 EMOTIONS 😊 @yoshihitotennis fights back from a break down in the final set to defeat Evans 7-6 4-6 7-5 in 3hr30min to reach the semi-finals! @CitiOpen pic.twitter.com/O4bo3dnDa7
— Tennis TV (@TennisTV)
August 6, 2022
from Twitter

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加