中央学院大が神宮初優勝「選手を褒めたい」4冠かかる慶大に劇的勝利

中央学院大が神宮初優勝「選手を褒めたい」4冠かかる慶大に劇的勝利

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

初優勝を決め、喜びを爆発させる中央学院大ナイン(撮影・伊藤笙子)

「明治神宮大会・大学の部決勝、中央学院大9-8慶応」(25日、神宮球場)

中央学院大が年間4冠を目指す絶対王者・慶大に大逆転勝利を収め、初優勝を果たした。今大会は、初戦・佛教大戦で3度目の出場にして初の神宮勝利を挙げると、準決勝では国学院大に快勝して初の決勝進出。その勢いのままに慶大を飲み込んだ。

序盤は4点をリードされる苦しい展開。だが、四回に4安打などで2点を返して反撃を開始すると、続く五回には準決勝でも豪快な一発を放った3番・佐藤晃一捕手(4年)が左中間へ2ラン。そして、六回1死満塁から2番・武田登生内野手(4年)の3点適時二塁打で逆転、なおも1死満塁から、元ヤクルト・度会博文氏を父に持つ度会基輝内野手(4年)がダメ押しの2点適時打を放って、リードを広げた。

八回には1点差にまで追いあげられたが、最後は山崎凪投手(4年)が1点差を守り切り劇的な最後を飾った。菅原監督は「慶応大学さんに真っ向から勝負した選手を褒めたいですし、このような素晴らしい試合をさせていただいた慶応大学の選手たちにも感謝を申し上げたい」と感極まった表情でナインを称えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加