2冠王者飯伏幸太、SANADAと2度目の防衛戦

2冠王者飯伏幸太、SANADAと2度目の防衛戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

試合後、2本のベルトを肩にSANADA(手前)をにらみつける飯伏(2021年1月6日撮影)

新日本プロレスは12日、IWGPヘビー級、同インターコンチネンタル2冠王者飯伏幸太(38)の2度目の防衛戦(対SANADA)を2月11日の広島大会で行うことを発表した。

飯伏は5日の東京ドーム大会での初防衛戦後、挑戦表明を受け、承諾していた。「シングルで何度も戦っているので、何も言うことはない。楽しみ。早く戦いたい」と正式決定を喜んだ。また同大会後に訴えていた2冠統一を改めて提案。「重みは分かった上で言っている。一緒になれば最高、最強のベルトになるので絶対におもしろい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加