韓国MFに「拳を振り回すアッパーカットセレモニー」 対戦相手の行動を韓国紙が指摘

韓国MFに「拳を振り回すアッパーカットセレモニー」 対戦相手の行動を韓国紙が指摘

  • THE ANSWER
  • 更新日:2022/11/25
No image

韓国戦に出場したウルグアイのフェデリコ・バルベルデ【写真:ロイター】

カタールW杯、韓国―ウルグアイはスコアレスドロー

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は24日、H組の韓国―ウルグアイはスコアレスドローに終わった。試合終盤、韓国のMFイ・ガンインにスライディングタックルを仕掛けて止めたMFフェデリコ・バルベルデが「挑発的なセレモニー」をしたと韓国メディアが指摘。過去にも議論を呼ぶ行動をしたことがあると報じている。

後半アディショナルタイム(AT)、右サイドをドリブルで上がったイ・ガンインに対し、バルベルデが強烈なスライディングタックル。ボールはタッチを割り、バルベルデは激しくガッツポーズ。咆哮し、座り込んだガンインの方に見下ろすように視線を送った様子も見られた。

このシーンについて、韓国紙「東亜日報」は「イ・ガンインにアッパーカットセレモニー…5年前の『つり目』、あの選手だった」と見出しを打ってウェブ版の記事を公開。「やや挑発的なセレモニーが行われた」「バルベルデは後半ATでイ・ガンインがボールを取ってゴールに向かって走ると、荒いタックルで阻止」などと報じた。

当該シーンについては「イ・ガンインが倒れると、バルベルデは拳を振り回すアッパーカットセレモニーをし、両手拳を握りしめ、倒れているイ・ガンインを見下ろす姿勢を取った」と指摘。これに対し「イ・ガンインはバルベルデの挑発にこれといった反応を見せずに試合を続けた」と伝えた。

イ・ガンインは試合後「試合中にはどんなことでも起こり得る。あまり気にしない」「ウルグアイは本当に良い選手がいるチーム」などと語ったことが伝えられているが、記事では「バルベルデは2017年、韓国で開催されたFIFA U-20ワールドカップで両手で目をつり目にするセレモニーを行い、議論を呼んだ選手だ」と、5年前の行動を紹介した。

「当時、彼は自分の友達のためのセレモニーだったと主張し、その後の試合で韓国観客のブーイングを聞くと『もっと叫んでみろ』というような両手で耳を覆う挑発行動を見せたりもしていた」と、当時の行動について振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加