ヤクルトのドラ1山下輝は初先発初勝利ならず 初打席初安打も5回途中2失点でプロ初黒星

ヤクルトのドラ1山下輝は初先発初勝利ならず 初打席初安打も5回途中2失点でプロ初黒星

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/09/22
No image

プロ初登板したヤクルトのドラフト1位ルーキー・山下輝

● ヤクルト 0 - 3 中日 ○
<25回戦・神宮>

ヤクルトのドラフト1位ルーキー・山下輝投手(23)が22日、本拠地での中日戦でプロ初登板初先発。5回途中2失点で降板し、プロ初黒星を喫した。

山下は4回まで毎回走者を背負いながら、粘り強くスコアボードにゼロを並べていたが、0-0で迎えた5回二死一・三塁のピンチを迎え、アリエル・マルティネスと高橋周平に連続適時打を許し2失点。4回を投げきることができずに途中降板となった。

3回の第1打席には相手先発・髙橋宏斗から二塁への内野安打を放ち、プロ初打席初安打をマークしたが、“本業”の投球では4回2/3(94球)を投げ、9安打3四球2失点のホロ苦デビュー。

援護したい打線は、髙橋宏の前に7回まで完璧に抑え込まれ、3投手のリレーの前に1安打完封負け。チーム唯一の安打は投手の山下が放った内野安打で、野手陣が最後までルーキー左腕を援護できなかった。

【実際の動画】髙橋宏の157キロに村上動けず…竜のホープが神宮で躍動


好投続く髙橋宏斗

最後は外角いっぱい157kmで村上宗隆を三振
三者凡退で4回まで無失点

⚾プロ野球(2022/9/22)
🆚ヤクルト×中日
📱Live on #DAZN pic.twitter.com/Fzxfj6peuQ
— DAZN Japan (@DAZN_JPN)
September 22, 2022
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加