心地いいデザインと音で五感を刺激するレコードプレーヤーおすすめ4選

心地いいデザインと音で五感を刺激するレコードプレーヤーおすすめ4選

  • @DIME
  • 更新日:2021/07/20
No image

@DIME記事の中からレコードプレーヤーに関する記事を厳選して紹介。

レコードプレーヤー

これ便利かも!アナログレコードをワイヤレススピーカーで流せるソニーのステレオレコードプレーヤー「PS-LX310BT」

No image

ソニーは、Bluetooth接続機能を備え、アナログレコードをワイヤレススピーカーやワイヤレスヘッドホン、サウンドバーなどで楽しめるステレオレコードプレーヤー『PS-LX310BT』を発売する。『PS-LX310BT』は、Bluetooth接続機能に加えて、フォノイコライザーやUSB録音機能を搭載。また、STARTボタンを押すだけで、ペアリング済みのBluetooth対応オーディオ再生機器との接続、レコードの再生と停止を自動で行う「1ステップフルオートプレイ」機能や、出力する音量を三段階で調整できるゲインセレクト機能も装備している。

【参考】https://dime.jp/genre/688459/

レコードプレーヤーとBluetoothスピーカーが一体化したスタイリッシュオーディオ「DUO」

No image

外でも気軽にレコードを楽しみたい人にオススメしたいのが、セパレート式レコードプレーヤー『DUO』。 レコード再生機能とBluetoothスピーカーを1つに融合したセパレート式レコードプレーヤーで、お気に入りのプレイリストを原音に忠実なHi-Fiサウンドを楽しむことができる。

【参考】https://dime.jp/genre/625081/

高級感たっぷり!ピアノブラックの木製キャビネットで毎日レコードを聴きたくなるオーディオテクニカのベルトドライブ方式ターンテーブル「AT-LPW50PB」

オーディオテクニカは、ベルトドライブ方式のターンテーブル「AT-LPW50PB」を発売した。価格はオープン。実勢価格は49,800円前後(税別)。「AT-LPW50P」は、アナログを高音質で楽しみたいユーザーに向けた、高級感のあるピアノブラック仕上げのベルトドライブ式ターンテーブル。回転数は33-1/3または45回転/分に対応する。

【参考】https://dime.jp/genre/917943/

デノンのマニュアルレコードプレーヤーは未来を感じさせる新デザイン!

No image

世界的なオーディオブランドDenonがレコードプレイヤーを発売したのは1970年代。今回、新たに登場した『DP-400』と『DP-450USB』は従来のレコードプレーヤーとは異なり、「近未来」を感じさせるデザインに仕上がっている。

【参考】https://dime.jp/genre/580030/

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加