【2022-23シーズン】全30チームプレビュー:シカゴ・ブルズ

【2022-23シーズン】全30チームプレビュー:シカゴ・ブルズ

  • NBA Rakuten NEWS
  • 更新日:2022/09/24
No image

NBAは日本時間10月19日(現地18日)に、2022-23シーズンが開幕する。NBA Rakutenではシーズンを前に、各チームの戦力状況や見どころを1チームずつ紹介していく。

出遅れ必至のボールの穴を埋められるか

昨季5年ぶりの勝率5割(46勝36敗)、プレイオフ進出を果たしたシカゴ・ブルズにとって暗雲は、ロンゾ・ボールが半月板断裂による痛みを抱えていた左膝の手術を9月29日(現地28日)に受け、4~6週間後に再評価されると発表されたことだ。開幕出遅れは必至で、司令塔を欠くなかでシーズン序盤に挑まなければならない。

卓越したボールハンドリング力とパスセンスを誇るボールは、コービー・ホワイトに代わって加入1年目からレギュラーの座に就き、昨季は平均13.0得点、5.4リバウンド、5.1アシスト、1.8スティール、そしてチーム2位のプラスマイナス(+2.3)を記録。チームも上位につけていたが、今年1月に左膝半月板を断裂して以降はアヨ・ドスンムとアレックス・カルーソでは穴を埋め切れず、好不調の波が激しかった。ボール不在の間は、オールスター出場経験を持つ新戦力のベテランPGゴラン・ドラギッチの活躍も重要なファクターとなりそうだ。

ラビーン&デローザンの攻撃的デュオが軸

ブルズが復活を遂げたのは、ザック・ラビーンの単独エース体制だったなかで、デマー・デローザンをサイン&トレードで獲得して、強力デュオを完成させられたことが大きい。デローザンは32歳のシーズンに自己ベストとなる平均27.9得点(リーグ5位)、ラビーンも平均24.4得点(同12位)を挙げ、2人合計で総得点の46.9%を叩き出した。

ラビーンは今夏に無制限FA(フリーエージェント)となったが、5年総額2億1520万ドル(約306億円)のマックス契約で残留。新シーズンもこの2人が攻撃を牽引していくのは間違いない。もっとも、対戦相手の対策を打ち破っていくうえでは、ニコラ・ブーチェビッチ、ホワイト、ジャボンテ・グリーン、パトリック・ウィリアムズ、ドラギッチらサポーティングキャストの得点がカギを握る。

ドラモンド獲得で課題のリバウンドをテコ入れ

ブルズはインサイドにブーチェビッチがいるが、チームとしての1試合平均リバウンドは昨季リーグ28位(42.3本)と低迷。コート上5人全員でのディフェンスを武器とするスタイルだけに、大きな課題だった。今夏はスターの獲得こそなかったが、リバウンド王に過去4回輝いているアンドレ・ドラモンドを迎え入れ、高さとプレイオフの経験を補填している。

昨季は主力に怪我が相次ぎ、徐々に失速していった感は否めない。ボール以外の選手が健康を維持し、2014-15シーズン以来の50勝以上、プレイオフ1回戦突破を果たしたいところだ。

■2021-22シーズン チームスタッツ

平均得点:111.6(13位)

平均失点:112.0(16位)

得失点差:-0.4(20位)

平均リバウンド:42.3(28位)

平均アシスト:23.9(19位)

平均スティール:7.1(23位)

平均ブロック:4.1(25位)

FG成功率:48.0%(3位)

3ポイント成功率:36.9%(4位)

FT成功率:81.3%(3位)

オフェンシブ・レーティング:112.7(13位)

ディフェンシブ・レーティング:113.2(23位)

※カッコ内はリーグ順位

(C)2022 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加