楽天津留崎「筋肉だけじゃダメ」可動性向上に重き

楽天津留崎「筋肉だけじゃダメ」可動性向上に重き

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

スタンドに集まったファンの前でキャッチボールを行う楽天津留崎(撮影・桑原幹久)

楽天の津留崎大成投手が「脱筋肉」を示唆した。

筋トレ好きの昨年ドラフト3位右腕は救援で今季チーム5位の33試合に登板。将来の勝ちパターン入りへ経験を積んだ。オフにはさらなる筋肉増強が見込まれるが「筋肉だけじゃダメ。通用しない」と蓄積疲労対策へ可動性向上に重きを置く。ただ筋トレを欠かす考えはなく「鍛えたい部位は中殿筋です」と明確だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加