手相から分かる!「真っ向勝負を挑むべき人」の手相って?

手相から分かる!「真っ向勝負を挑むべき人」の手相って?

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/09/17
No image

こんにちは! 「手相で世界を笑顔に変える!」手相家 青木 智(TOMO)です。

今回は、駆け引きをせず、真っ向勝負を挑むべきタイプの人の手相をご紹介致します。これらの手相を持つ人は、迷ったときには色々と考えすぎずに、真っ向勝負でいきましょう!

No image

シワの少ない人

手のひらに細かいシワが多い人もいれば、少ない人もいます。シワが少ない人は、さっぱりとした体育会系タイプと言われています。あまりくよくよせずに、前向きな考え方をします。

どちらかというと大雑把な方が上手くいくことが多いですので、駆け引きはあまり考えずに、前向きな姿勢でどんどん行動をしていくと良いでしょう。

No image

手の平が厚い人

横からみたときに、手の平が厚い人と薄い人がいます。手の平が厚い人は、エネルギーやスタミナが旺盛で、体力を使った仕事や運動が得意なタイプです。

豪快で大胆に生きていくと開運しますので、駆け引きを細々考えるよりも、気持ちを大きく持っていきましょう。

No image

線がくっきりしていて乱れが少ない感情線

直線的で感情線の乱れがほとんどない人は、喜怒哀楽などの感情の変化が少ないクールなタイプです。冷静沈着で決して無茶なことはしません。

細かいことは気にせず、自分の気持ちに素直にマイペースで生きていくと開運するタイプですので、人の意見を聞いて駆け引きを考えるよりも個性を活かし、何事にも真っ向勝負で生きていくと良いでしょう。

No image

短い知能線

中指と薬指の指間あたり、もしくはそこまで伸びていない知能線を短い知能線と判断します。短い知能線を持つ人は、感性が鋭く直感力に優れています。

頭の回転が速く、即断即決型でもあるので、感じたことを迷いなくすぐに行動に移せる俊敏さがあります。瞬間的に大事な部分をピンポイントで見極める能力があるので、長い時間駆け引きを考えるよりも、瞬間的なご自身の感性を信じると成功するでしょう。

いかがでしたでしょうか? あなたは駆け引きなしで、真っ向勝負に向くタイプでしたでしょうか?

人はそれぞれ向き不向きがあります。駆け引きに長けているタイプの人もいれば、真っ向勝負が向いているタイプの人もいます。ご自身のタイプと傾向を把握し、いざというときに迷わず決断することができると運が開けるのも早くなるでしょう。

手相は本当の自分を教えてくれます。ぜひ参考にしていただき、あなたの人生の中に更にハッピーが増えますことを願っております。

No image

手相家 青木 智(TOMO)

人材育成会社の経営経験を活かし、人の持つ才能や可能性を見つけ出し、それを最大限に引き出す手法として「手相・人相・算命学」等の研究を重ね現在に至る。

また、書籍・雑誌・WEBメディア等の執筆・講座・講演・セミナー・コンサルティング・プロ鑑定士の育成等を通じて「手相で世界を笑顔に変える!」をモットーに活動を行う。

著書に「新版手相の教科書」がある。青木 智ホームページはこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加