【子連れキャンプ】初心者向け! 冷暖房完備で気軽に楽しめるキャンピングトレーラー『エアストリーム』宿泊

【子連れキャンプ】初心者向け! 冷暖房完備で気軽に楽しめるキャンピングトレーラー『エアストリーム』宿泊

  • withonline
  • 更新日:2022/11/25

取材協力/ファミリーパーク那須高原こんにちは!withLab STAR100兼エディターの下村さき(@shimomura_saki)です。プライベートでは、5歳の娘と3歳の息子を育てる2児のママです。旅行・お出かけが趣味で、年間50泊の子連れ旅行と、年間130日ほど子連れお出かけをしています。最近、キャンプやグランピングが流行っていますよね!アウトドア楽しみたいけど、ハードル高いな……と思っている方も多いのでは?先日、キャンプ初心者でも気軽に楽しめるキャンピングトレーラーにご招待いただき宿泊してきたので、その様子をレポートします。

ファミリーパーク那須高原

No image

行ってきたのは、ファミリーパーク那須高原。自分でテントを張って楽しむオートキャンプ、コテージなど、さまざまなキャンプを楽しめるキャンプ場です。

No image

他に群馬県北軽井沢のキャンプ場「アウトサイドベース」も運営。

ファミリーパーク那須高原は、快適生活研究家として活動する田中ケンさんがオーナー。アウトドアの第一人者なので、キャンプ好きなら知ってる方が多いのではないでしょうか。実は私、キャンプエキスパート資格を持っています。この資格、監修しているのが田中ケンさんだったので、宿泊が決まったとき、テンションあがりました!

No image

キャンプ場とコラボした商品も売ってる売店

今回利用したのは、キャンピングトレーラーのエアストリーム。様々な種類があって、居室のほか、バストイレ・キッチンが付いているものもあります。私が今回泊まったのは、居室がメインのエアストリームです。バストイレはキャンプ場の共有施設を利用、屋内もしくは屋外で食事をし、水回りは同じく共有施設を利用する楽しみ方ができます。

No image

キャンパーのあこがれ・エアストリーム。

子連れにおすすめの理由

1.自然がいっぱい!

No image

テントと同じで、一歩外は自然!

自然を楽しむのは、アウトドアの醍醐味とも言えますよね。ホテルと違って、一歩お部屋を出たらそこは外。自然がいっぱいな開放的な空間を楽しめるのがおすすめの理由です。

2.テントを張る必要がない

No image

簡易ベッドですが、コットにエアマットとシュラフ、枕がそろってます!

テントを張るのが好き!得意!という方ならいいですが、そうではないキャンプ初心者や子どもの面倒を見ながら準備に時間を割くのは大変……という子連れ家族にとって、テントを張る必要がないのはラクチン!「アウトドアは興味あるけど、テントって大変だからな~」と思ってなかなか踏み出せずにいた方にもトレーラー宿泊はおすすめ。

3.スタッフの方が親切

No image

スタッフの方が、とにかく親切! こちらから相談に行ったときはもちろん、キャンプ場内をまわってこまめに声をかけてくださいました。元保育士という方もいらっしゃって、子どもへの声かけ・対応がとっても優しくてありがたく……子どもたちも「これ見て~!」と元気に話しかけていました!日によって、バーも開催しているようで、夜は常連さんがみんなで焚火を囲んで飲んでいました。

4.空間が広いのに大規模すぎない

No image

隣同士が近すぎると、気になることも多いですよね。サイト一つひとつの空間が広いのもいい点だなと思いました。いくつかキャンプ場に行っていますが、他と比べてもゆったり過ごせる雰囲気です。また、それでいて大規模じゃないのも子連れにはありがたい! 子どもたちが遠くまで出かけて行ってしまうリスクも少ないし、宿泊者をなんとなく把握できる安心感もあります。我が家の子どもたちは動物が大好きで、他のご家族が連れて来ていたわんちゃんに夢中でしたが、快く対応していただけました。スタッフさんが温かいので、利用者も温かい方が多い印象です。

エアストリーム内を公開!

No image

エアストリームは、かなり古いものなので見た目にはレトロ感があります。が、実際、中はとってもキレイ!レトロと現代感が混在していて、とても魅力的です。

No image

中はこんなにキレイ!

No image

調理器具と食器

中には、調理器具・食器類が用意してあります。中で調理することもできますし、外でバーベキューを楽しむことも。食器類の用意があるので、食材・調味料を用意していけば、簡単に食事を楽しめます。2名用の簡易ベッド(コット、エアマット、シュラフ、まくら)が用意されているので、寝るのも快適です。冷暖房完備なので、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。最大4名まで利用可能なので、追加で寝具などを借りることもできます。

No image

屋内用にローテーブルとビーズクッションもあるので、疲れたり、暑い、寒いときには中で過ごすのもおすすめ。実際、私もチェックインしてから気づいたらビーズクッションの上でお昼寝していました! 外でも中でも楽しめて、行ったり来たりできるのは、子連れには本当にありがたいです。

No image

キャンプ場での過ごし方

明るいうちは外で遊ぶ

No image

14時にチェックインしたので、明るいうちはキャンプ場内を散策しました。子どもたちは木の枝や実、葉っぱなどを集めたり、虫を探して遊んでいました。ボールを持って来ていて遊んでる家族連れもいましたし、我が家も持って行っていた縄跳びやシャボン玉などでも遊びました。夏には、なんとプールも楽しめるよう!夏にも遊びに行ってみたいです。

食事はバーベキューを楽しむ

No image

出来合いのものを買ってきて食べても、もちろんいいのですが、せっかくキャンプ場にきたのなら、やっぱり外でバーベキューを楽しむのがおすすめ!我が家は、食材を持って行って、屋外でバーベキューを楽しみました。現地での準備を少なくするために、野菜は事前に自宅で切ったりホイルに包んだりして、すぐに調理できるようにしていきました。ちなみに調味料を持って行き忘れたので、現地で購入したのですが……これが、めちゃくちゃおいしかったです!スタッフさんの一人が香川県出身だそうで、香川県でつくっている焼肉のたれ。香川県以外ではなかなか買えない品らしく、出会えてラッキーでした。辛くないので、子どもでも食べられます。無添加なのも嬉しいポイント。

焚火を囲む

No image

食事をバーベキューなどにしなかった場合も、焚火はぜひ楽しんでほしいことの一つ。焚火台は持ち込みもできますし、現地で借りることもできます。我が家は炭だけ事前に買って持って行き、現地で焚火台を借りました。火を囲んでいれば温かいですし、何より落ち着きます。焚火ができる場所が限られている時代なので、キャンプ場に行った際にはぜひ火をじっくり見る時間をつくるのがおすすめです。子どもたちは焚火で焼きマシュマロをするのが大好きなので、マシュマロも買って持って行っていました。焼きマシュマロ用の串は、割りばしで代用可能です。

バストイレや炊事棟は共同

No image

炊事棟はエアストリームの窓から見えます

お風呂は、16時から21時まで大浴場を無料で使えます。(ハイシーズンは22時まで利用可能)子連れなら45分で1500円の貸し切り風呂を利用するという手も!(当日9時からフロントにて受付開始)ソープ類もあるので、便利です。トイレ、炊事棟は24時間使えます。お湯が出るところもあるので、冬場でも子どもが嫌がらずに手を洗ってくれてありがたいです!泊まる場所にもよりますが、私たちが利用していたエアストリームから炊事棟までは徒歩1分かからない距離(エアストリームから見える場所です)なので、利用もらくちんでした。

夜は、花火や星空観察

No image

夜は、場所は限定されますが花火も楽しめます。持ち込んだ花火を楽しむこともできますし、なんとキャンプ場がコラボして販売している花火を買って楽しむことも!

No image

コラボ商品の花火は売店で買えます!

晴れている日なら、とにかく星空がキレイです。近くに家族も「さっきから流れ星すごい量だね~」と言いながら空を眺めていました!肉眼でもキレイに見えますが、もっとしっかり楽しみたいなら、望遠鏡などを持って行くのもおすすめです。

まとめ

No image

今回は、子連れでキャンプ初心者にぴったりのファミリーパーク那須高原『エアストリーム』宿泊をご紹介しました。これから寒くなってきますが、子どもたちは季節関係なく、外で遊びたくてたまらないですよね。大人の「外出大変だな……」と子どもの「遊びたい!」を一気に解決してくれる、素敵なアウトドア体験になること間違いなしです。ぜひ、お出かけの参考にしてみてください。

ファミリーパーク那須高原

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加