日大会見“ブチ切れ司会者”交代で激変の丁寧な対応 前回対応は内田前監督の体調考慮

日大会見“ブチ切れ司会者”交代で激変の丁寧な対応 前回対応は内田前監督の体調考慮

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/05/27
No image

23日の会見で司会を務めた日大広報部の米倉久邦氏

日本大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)による悪質な反則問題を調査してきた関東学生連盟の規律委員会が「反則は監督とコーチの指示」と認定する方針を固めたことが25日、関係者への取材で分かった。反則を指示していないという日大の内田正人前監督(62)と井上奨前コーチ(30)の主張を退けた。またこの日、日大の大塚吉兵衛学長(73)が都内で125分間の緊急会見を行った。

前回の会見で「(日大ブランドは)落ちません」などと報道陣に“逆ギレ”し、高圧的な対応がSNSで「炎上」した広報部の米倉久邦氏に代わり、同次長の酒井誠吾氏が司会を務めた。時間は同じ約2時間だったが、質疑応答はスムーズに進行した。

大塚学長は前回の米倉氏の対応を「態度として良くなかった」としつつ、「同じ(テレビ)局が番組ごとに同じ質問を繰り返していたのでイラッとしたのでは」とかばった。

米倉氏は取材に応じ、会見を途中で打ち切ろうとしたことに「同じ質問が多いし、内田さんも体調を崩していたので」と釈明。入院中の内田前監督の症状について「いろんな検査を受けているが、そこまで心配はない」と説明した。また自身の処分については「今のところ何もない。テレビにいろいろ言われましたがね」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
桐谷美玲がサポーターと歓喜のハイタッチ! しかし、その裏で悲劇が激写される
「入ってませんけど?」日本代表GK川島永嗣のモノマネが小学生の間で大流行!
【グループH展望】日本の勝ち抜け条件は? コロンビア対ポーランド戦は壮絶な...【ロシアW杯】
木梨憲武、本田圭佑にベンチ行きを推奨? その理由にサッカーファンから賛同の声
宮迫博之がグループHを分析「セネガル代表は狩野英孝やな!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加